×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2008年8月

細胞壊死:クワガタの再生能力について(前編) 2008年08月01日
現在深夜1時半!

今日から8月ですねぇ。

今月さえ乗り切れば、コオロギの鳴く秋・・・

すすきの揺れる秋が来るんですよねぇ。

虫ラーにとっては、お祭りの終わった後の静けさ、

とでも言いましょうか・・・

そんな時節の到来さっ。

あと、一ヶ月・・・あと一ヶ月の辛抱ですね〜


これ・・・

昨日のニューズ記事なんだけど読んでみてそ。


【三重】鈴鹿市末広北、農業、西○和○さん(63)方の

庭に生えているモクセイの仲間「ライラック」の木に

常時70匹ほどのカブトムシが集まり、話題になっている。

群れの数は、暑さが増すごとに膨らみ続けている。


2年前の夏から「大集合」が始まった。

木が高さ約2メートルの成木になり、

初めての花が咲き終わったころから集まり始め、

郊外の住宅街では注目を集めている。


西○さんは今年既に30匹以上を採集して知人にプレゼントした。

それでもすぐに

新しいカブトムシが飛んで来ていっぱいになるという。

珍現象に「なぜ、この木なの」と不思議がることしきり。


という記事なんだけど・・・

なぜこの木に集まるんざましょ・・・??

 この〜木♪ なんの木♪ 気になる気になる木〜〜♪

カブトが集まる木ですから〜〜♪・・奇奇怪怪、木木怪怪。。

おそらくこの木の近くに発生源があるように思います〜〜


さぁ、今日は月初めのScience。

幼生の細胞壊死(えし)と再生能力について記してみます。

以前に少しこちらの日記に書かせてもらったんだけど、

その後いろいろ分かったことがあるので追記です。

ただ、サンプル数が非常に少ないので

推測の域を脱しない内容であります。

ですから、参考程度にしてくださいね〜〜


<壊死(えし)について>

壊死は、生命体の組織の一部分のみが死ぬこと。

通常の死とは異なり、体の一部分を構成する細胞のみが死にます。

皮膚などのように正常な細胞、組織が

次々に入れ替わって補充される場合は壊死とは言いません。


壊死(幼生の一部黒化)について、

オイラは現在、壊死を3種に分けて考えています。

それぞれ、遺伝性壊死・細菌性壊死・外傷性壊死と呼んでいます。


遺伝性壊死は、親から子に受け継がれる遺伝形質に

何らかの障害・異常がある場合を指します。

先天性で、子孫には黒化細胞を持つ個体が頻繁に出現し、

それが元で、孵化・蛹化・羽化不全を多く引き起こします。

後に生まれくる子孫のために、

その系統の累代を続けるのはあまりお勧めできません。


細菌性壊死は、幼生の腹部側面にある気門から

ウィルスが侵入し、そのウィルスが気門辺で増殖し、

体液の循環によって侵入ウィルスが、

幼生脚基部の脊椎動物で心臓に相当する部分に運ばれ

その器官の機能を停止させることによって死に至らしめる壊死です。

このウィルスに感染した幼生は、気門辺が時間の経過と共に黒化、

黒化というより茶色に変色し、

その変色範囲を徐々に広げていくのが特徴です。

ウィルスに感染した幼生は3〜7日程度で確実に死亡します。

幼生飼養途上での幼生の死亡率を上げているのが、

この形態の壊死です。治療法は現在は存在していません。

現段階において、細菌性壊死を起こした個体は諦めるしかなさそうです。


最後に、外傷性壊死なのですが、

これには、傷害による細胞黒化(人でいう「かさぶた」)のほか、

劣悪飼養による外部環境による細胞黒化も含めてます。

今日は、この外傷性のことを例挙してお伝えさせていただきます。


【例1:ホーペにおいて】

3令♂中期幼生において、左第3〜第4気門間に黒化細胞が出現。

蛹化時に黒化細胞の面積はほぼ半分に縮小。

羽化時、黒化細胞が皮を脱ぐ行為を阻害し、あえなく不全、

以後死亡。


【例2:タイワンオオにおいて】

3令♀後期幼生において、右第2〜3気門間に黒化細胞が出現。

蛹化時にすべて消滅、以後無事に羽化、死亡なし。


【例3:インドアンテにおいて】

初令♂幼生において、右前足が壊死。

黒化した後に右前足全体が消滅。

2令時、依然として右前足は存在せず、3令時にもこの状態が継続。

そして蛹化時、右前足が突如出現。

通常のサナギと、何ら変わらない姿態に変化。

そして正常に羽化、足の麻痺も残らず極めて完体。


まだ、上記に似た例はあるのですけどねぇ。

着眼すべきは、

サナギという完全変態する昆虫のみが持つ特殊な時期です。

この時期には完全変態型昆虫にとって様々、

且つ複雑な内部変化が起こっているようですね。

サナギの内部はペイスト状になっていて

白い液体で満たされてます。


「どうしてサナギという期間が存在するのか・・・」

「サナギはどういう役割をしているのか・・・」


これについては現在、未だ判明しておりません。

全てが解明できれば、ノーベル(虫)賞ものかもしれません。


しかし、どうですかねぇ、上記「例3」の事例なんだけど。

脚部が壊死して消滅した器官がサナギ時に再生するなんて・・・

これで、成虫になる直前のサナギという期間において

再生能力を虫が持ち得ることが分かりました。

みなさんの知識の1つにお加えくださいませ〜


もう少し明日に続く・・・・・

まだちょっと、興味深いことがあるんですけど・・・


あ、今日の夜

「ナイナイ」のクワガタ採集がテレビで放送されるよ。

毎年恒例ですよね、この番組。


じゃまたね♪



細胞壊死:クワガタの再生能力について(後編) 2008年08月02日
現在深夜0時半!

昨日は予想外に早く業務が終了した。

それでさっき帰宅してから、昨日の

「ナイナイのオオクワガタ捕り」見た。

録画してたんだけど・・これって面白くなかったねぇ。

ヤラセかなぁ、と思っちゃった。

番組で唯一オモシロかったのは「小島よしお」さんかなぁ。

全身にハチミツ塗ってたのにはワロタ♪

小島ちゃ〜ん、そこまでヤルんかぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


テレビで・・・

「20歳に若返ったら一緒に海でデイトしたい芸能人?」

こんなアンケイトがなされてたんだけど・・・


男性が選んだ女性1位は「吉永小百合」さんだってさ。

2位が「上戸彩」さんだったな、確か。

あと「ほしのあき」ちゃんもランクイン。

「優香」ちゃんはいなかった、な〜ぜ〜だぁ〜〜〜


女性が選んだ男性1位は「キムタク」でしたぁ〜

ヤッパシ・・・

あと福山雅治くんもランクイン。

さすがに「ナベアツ」さんはランクインしてなかったよ。。。

当然かぁ〜?? いち、、にぃ、、、サン〜〜( ̄・ ̄)ノ


ここから、

昨日の外傷性壊死について続きの記載です。


「あれ?

 この幼虫の体には黒いほくろのような粒があったはず・・

 いつの間に消えたんだろう・・・」


こんな経験はないですかねぇ??

この場合はおそらく、幼生の自然治癒力によって

黒い部分は、かさぶたのようになって剥がれ落ちたのでしょうが、

ちょっと異説を記述致します。

下記、2つのお話をMixさせてみてください。


<ハエの幼虫「ウジ」が傷の治療に用いられる場合>


傷の手当てや治療が不十分で

不潔な包帯を長期に渡りつけ続けた場合、

傷口にウジがわく場合あり。

けが人にとってはむず痒く、極めて不快でしょうが、

ウジが膿(うみ)や腐敗した部分を食べることで

傷口がきれいになり、むしろ傷の状態がよくなったり、

患部を含めた周辺部位まで至る切断や切除を免れる場合があり。

ウジは正常な組織や生きている組織を食べることはありません。

殺菌効果のある分泌液を出しながら、

腐敗した細胞や『壊死』細胞を食べるので

感染症の予防効果もあります。

分泌液には肉芽細胞や毛細血管の『再生』を促進させる働きもあり。


 『壊死』『再生』なる語が載ってますでしょ。


<体液を吸う大型キノコバエ>


南半球、おそらく豪州あたりに

他の動物の体液を吸うキノコバエが存在します。

日本でキノコバエと言えば、みなさんご存知でしょうが、

土壌に生息し、そこに産卵し殖えていく。

幼生は土壌の成分を食し育つ、と捉えられていると思います。

キノコバエ=採卵セットや菌ビンに湧く憎いヤツ、

とお考えの方も多いと思うんだけど。


上記、2つのお話を組み合わせてみるとどうでしょうねぇ。


1、キノコバエの仲間には、他生物の体液を吸う種がいる。

2、そのキノコバエはクワガタ幼生の菌ビンにも湧く。

3、ハエの子「ウジ」は「壊死細胞」を食べる。


「幼生の黒い部分がいつの間にかなくなってる」

    =

「ハエの幼生によって黒い部分が食べられた??」


とこんな仮説を立ててみました。

この説を証明するための材料はありません。

上記はあくまで推測・・・というより推量です。

でも、もしこんな傾向があるとすれば

黒化細胞の発現した幼生のビンには、

ありったけのキノコバエを入れておく・・・

なんて方法も取れますね。ちょっとやりたくないけどねぇ。。


オイラはこのような推量は大好きなんだけど、

みなさんはお嫌いなんでしょうかねぇ〜???


さぁ、今日を乗り切れば、

仕事でぶっ倒れるほどの重労働はなくなりそうだ。

ちょっとずつ先が見えてくるんだわ〜〜〜

出口に向けて一歩ずつ・・・

これで再び、「虫ムシーーン」な日々が始まるよ。


 トンネルを抜けると そこは虫国であったぁ〜

     By クワガタやすなり


じゃまたね♪



センセの気持ち:その1 2008年08月03日
現在深夜3時!

たくみさんがスゴイ記録を樹立されたようだ、

近々、周知の事実になると思うんだけど・・・

やっぱ、レジェンドオオヒラタケ菌糸はいいようですね。

オイラもコソッと某雑誌に出ることになりそうだ。

名前だけ・・・・・


今日は来週の仕事の準備も終え、

便所掃除も完璧にして帰ってきました〜

だから今日は完全に休日です♪


便所掃除はワロタ♪

ブルーレット置くだけ、を触ってから顔面洗っって

鏡を見たら、顔面が「リング」になってた、、コアイ。。。

真夏の夜の恐怖体験だった。。。


今日から「ガッコ」のお話です。

センセの手記からSTART〜♪


<運動会:のぞかせた「素顔」>


「どうせ負けるし」。


5年生のF男の口癖だ。 

クラスで一番からだが大きいF男は、

友達相手に相撲をとると連戦連勝する。

だが「よし、先生と一番」と声をかけると、


「どうせ・・・・・・」


と腰が砕ける。

がむしゃらな自分を見られることや、

がむしゃらにやって負けることが嫌なのだ。 


運動会で5年生は全員でリレーをする。

練習の時間、F男が足を引きずりながらやってきた。


「足痛いから走らないでいい?」。


ついさっきまでサッカーで走り回っていたはず。


「バトンパスの練習だと思ってやってごらん。

 走る方は無理しなくていいから」


と答えると、


「ちぇっ」


と舌打ちをし、大げさに足を引きずりながら走った。

2人に抜かれた。

全力で走って負けるのが怖いのだ。 


運動会当日。

「次は5年生の全員リレーです」と放送が流れた。

「どうせ抜かれるし」と、またF男は予防線を張った。 


      パンッ!


リレーは3チームの大接戦。

F男はバトンを受け取ると、前を向き猛然と走り出した。


     練習の時とはまるで違う走りだ。


前の走者を抜き、差を広げる。

  大歓声が響く。

    いつもの半笑いの顔ではなく、歯を食いしばっている。


そのまま次走者を押し出すようにバトンをつないだ。


「本番だけ全力を出せばいいというものではないぞ」


とF男に言いたい気持ちもある。

しかし、この日は大勢の観客の前で勝負に挑んだのだ。 


「全力で走れたな」


と声をかけると、

F男は「え?」と上を向いてはぐらかした。

走っていく後ろ姿を見ながら、

勝っても負けても全力を出し切ることのすがすがしさが、

F男の体に少しずつしみ込んでいけばいいと願った。


どうですか〜、優しい、いいセンセのお話でしょー。

いるんですよね、ドコのクラスにもこんな子が。

きっと、照れ屋さんなんでしょうねぇ。

恥ずかしい、って気持ちを捨てれば、もっと楽に生きられるのに

強がってばっかで、窮屈な生き方をしてしまう不器用な子供。

オイラは、こんな子が好きなんですよね〜〜〜、かわいいぞ♪


ネパールクルビの♂1がサナギになってた。

あらビックリ!! いつの間に・・・

サイズはいまいちだ、無事に羽化するのを優先して

発酵マットに入れてたから。

それでも、大歯なんだけどね。

ネパールクルビは、もう累代しないから販売に出します。

ネパールも結構、カッチョイイんだ。


さぁ、今日はナニして遊ぼっかなぁ〜〜〜

じゃまたね♪



センセの気持ち:その2 2008年08月04日
現在朝6時!

足がイタイ・・・

昨日の早朝、まだ暗い中、

昆虫採集がてら、昼間遠くに見えてる山まで歩いていった。

往復で1時間半・・・ずいぶん運動した。

それで現在足が痛い、、筋肉痛・・・?


向かった山は、カブトムシやクワガタなど

到底いるとは思えないトコなんだけど、

とりあえず暗がりで、電灯の下を目を凝らしながら歩いた。

ナニかいるかなぁ、と思ってね。

電灯の下で、アブラゼミやクマゼミを数体見つけた後、

足元に黒くて大きなカタマリを発見!


  お!!カブトの♀だ!!


とっさに手でその物体をつかもうとした時、

背筋に戦慄が走った!!


  こ!!コレはっ!?


なんだよ、、イヌのクソじゃねーかぁ。。。

危うく素手でクソ触るところだったよ、、あぶねぇ。。。

以前にもこんなことあったな、、確か・・・

という真夏の早朝の恐怖体験でした。。。

ヤヴァかった、、、

もう少しで、エキゾチックジャパン、だったぜ!!


採集結果・・・


・セミ多数(半分に欠けたセミの死骸多数)

・ハンミョウ×2

・イヌのクソ(カブトの♀似)


人的被害・・・

・全身が、やぶ蚊の餌食。。。

 チンコの先まで吸われてた。。

 いったいドコから侵入したんだろ。。。


今日もガッコのセンセの手記です。

昨日の続き、Part2〜〜♪


<「いきなりぶってきた」理由>


「先生、何もしてないのに、A男がぶってきました」。


A男の隣の席に座っているB子が休み時間に訴えてきた。

2年生になってまだ1週間程度だというのに、これでもう3回目だ。


「B子さんがね、

 何もしてないのにA男くんにぶたれたって言ってきたんだ。

 その時のこと、先生に教えてくれるかな」。


A男に事情を聞いたが、「わからない」という。

沈黙の時間が流れる。


    授業中は積極的に発言するのに、

        なぜ口を開いてくれないのだろう。

               大人への不信感なのか。


1年生の時も口下手でよく手が出ていたA男。

友達とけんかになった時も、あまり話を聞いてもらえず、

一方的にしかられることが多かったようだ。 

B子がぶたれた時のことを思い出しながら話を始めた。


「テストの間違い直しをしている時に、

 A男くんに赤鉛筆を貸してあげたんだ。

 そうしたらいきなりぶってきたんだよ。私は何もしてないのに」


B子の話にはよく

「私は何もしてないのに」という言葉が出てくる。


         ピンときた。


自分では気がついていなくても

相手を傷つけてしまう言動はよくあることだ。 

A男の前の席に座っていたC男が話してくれた。


「先生、あの時、B子がA男に

『そんな簡単な問題、間違えるなんて、バッカじゃないの』

 って言ってたのが聞こえたんだ」 


やはりそうだったか。

A男を呼んで話をした。


「先生は、

 理由もなく友達をぶつような子じゃないって信じていたよ。

 傷つくことを言われて頭にきたんだね。

 先生もその気持ち、わかるよ。

 でも、ぶったりけったりすることは暴力だから、

 絶対に許しません」 


お互いに謝らせ、仲直りさせた。

A男はニコッとほほえみ、みんなの方へ走っていった。


どうですか〜、この文章の最後部の

「ニコッとほほえみ、みんなの方へ走っていった。」

ここにこの文章の感動の中心があるんですよねぇ。

A男は、自分を理解してくれたセンセに

今後きっと、心を開いていくのでしょうねぇ〜〜

この点は、大人も一緒かなぁ・・・

自分を他人に理解して認めてもらえるのって、

いくつになっても嬉しいですもんね〜〜

やっぱ、人は他に理解され、

また、他を理解しながら生きていくのがいいのでしょうね〜〜


昨日は、とりあえず急ぎの虫りはなかったけど

「パラワンヒラタ赤眼」のセットを暴いてみた。

温度26℃下で一ヶ月放置。

ナラ材直径6cmのボロ軟材4本を

微粒子マットで完全に埋めたセット。

♂羽化後3ヶ月半個体、♀羽化後8ヶ月個体を使用。


セットをひっくり返してみると

ここ数年で見たことないような状態になってた。

材がバラバラ、というより

4本とも表面全体にKissMarkがついてた。

いつもなら、産んでる場所はパッと見ると分かるので

何も考えずにニッパを入れるんだけど、

パラワンの噛んだ材はニッパを入れるどころか

材を持ち上げるのにも細心の注意を払わなければならなかった。

材を強く手で握ることによって

割る前に幼生やタマゴを死亡させてることも多いから。

このことに気付いてる人はあまりいないかもしんないけど・・・

今回の割り出しで2頭の初令を殺してしまった、、ごめん。。

割り出しで幼生をつぶすなんていつ以来だろうなぁ。。

昨日はちょっとショックだったよ。。。2年ぶりくらいかな。。


採卵結果、

1本目の材から初令3、タマゴ2、

2本目の材から初令4、タマゴ5、

3本目の材から初令2、タマゴ3、

4本目の材から初令7、タマゴ4、

マットから0体、

合計30発採卵した。

材はすべて割らずに再セットしたので、

まだ取りこぼしてると思うんだけど、

途中で疲れたので採卵は止めて、その材ごと再セット。


このようにパラワンは

スマトラやセレベスのオオヒラタと違って

材産みの傾向が非常に強いです。

今回も、ケイス表面には、1つのタマゴも見えてなかった。

かといって、今までレイシ材はいまいちだったなぁ。

ナラ材の超やわらかめがいいと思います。

パラワンはペアリングさえうまくいけば

後は、材にさえ気を配れば採れると思うんだけど。


今回、数は結構採れたんだけど

親は♂RB×♀RRなので、もうちょっと採っておこうと思います。

次回、赤眼パラワンで完全に固定しなきゃならないから。

タマゴが孵化したら、販売にも少し出す予定です。


じゃまたね。



センセの気持ち:その3 2008年08月05日
現在深夜1時!

昨日のニューズ・・・

赤塚不二夫さん、、、非常に残念です。。。


<赤塚不二夫さん死去>


赤塚さんが息を引き取る3日前、

前妻登茂子さん(享年68)が病死した。

2人の1人娘で、作品や版権を管理する

フジオ・プロダクション社長の赤塚りえ子さん(43)が

父の容体急変を聞いたのは、母の遺体の前だったという。

赤塚さんの葬儀日程は前妻の葬儀終了後に決定するという。


「シェーー」の声が聞こえてきそうだな。。

「これでいいのだ」とか。。。よくないけど。。

しかし、このニューズ・・・

元嫁さんが天国から呼ばれたんでしょうかねぇ。

お二人で一緒に安らかにお眠りください。

惜しい人物を亡くしたものだ。。。


    ____
  Y/ニニ|>o<|\
 / //\___\
 |/ /  === |  ̄
 |  /   ・  ・ |
 \(6   (_λ_)\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /   _ ||||||| _|    <サヨナラなのだ
  |(( \□ ̄□/|     |
  \   ̄ ̄ ̄ ノ      \_______
 / ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|了
/       |:  | ̄ ̄ ̄ ̄
|  |______|
|  | | | | | | |
|  | | | | | | |
( ̄)| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
 ~ |   人   |
   |__|  |__|
  /(( |   | ))\
   ̄ ̄     ̄ ̄


今日もセンセの手記です。

どうぞ〜〜〜


<素直な気持ちで友達作り>


3年生のG子は成績が良く、テストはいつも満点。

感受性が強く、想像力も豊かだ。

授業中は、筋道を立てた話し方や話のツボをおさえた聞き方ができ、

クラスメートから一目置かれる存在だった。


1学期も半ばにさしかかったころ、

休み時間にG子と男子たちとの話し声が聞こえてきた。


「ねえねえ聞いて。

 わたしのお父さんって飛行機のパイロットなんだ」

「すごいな」 

G子が続ける。


「世界中を飛び回ってて、私も一緒に飛行機に乗せてもらうんだ。

 だから今まで色んな国に行ったんだよ」

「どこに行ったの?」

「その国のこと、僕たちにも教えてよ」。


私は、そばで何気なく話を聞いていた。


2、3日たつと、またG子たちの話し声が聞こえてきた。

相手は前回と違う男子たち。


「私のお父さんって、テレビのお仕事をしていて、

 たくさんの有名人と仲良しなんだ」。


私は、子供たちが楽しく話をしているのだろうとしか思わず、

深入りはしなかった。 

しかし、いつのまにか男子を中心に、


「G子はうそつきだ」


といううわさがクラス全体に広まり、

G子とは遊ばないほうがいいよという声が私の耳にも入ってきた。


     G子と1対1で話をした。


G子は


「みんなと仲良くなりたい。

 でもどうやって仲良くなっていいかわからない」


と話してくれた。 


「よーし、今日の昼休みはみんなと外でドッジボールをしよう」。


クラスメートとG子が一緒になって汗を流した後、

G子に言った。


「一緒にドッジボールをやって楽しかったこと、

 ほら、自分の言葉で友達に伝えてきてごらん」。


友達の元に元気に駆け寄り、

ドッジボールの話題で盛り上がるG子の笑顔が見えた。


どうですか、

このお話も、なかなかいいお話でしょー。

この人って、いいセンセだと思うけど。

ガッコのセンセはカワイソウなもんだ。

ほんの一部の教師の非行によって、全体的に「悪」視されてるから。

大多数が、こうした良きセンセなのにさ!


中国クルビの唯一の♂が蛹室を作ってる。

羽化は9月中旬あたりになりそうだ。

ちょうどいい時期に羽化しそうだな、安全地帯だわ。

よくぞ、不全の危険いっぱいの夏の羽化を避けてくれたもんだ。


しかし、6月に採った中国クルビのタマゴ・・・

孵化はするものの、なぜか初令で落ちちゃう個体が多い。

現在もタマゴはたくさん取り置いてるものの、

ちょっと心配になってきた。。。

だ、、大丈夫だろうなぁ・・・・・ヤヴァイ。。


じゃまたね。



センセの気持ち:その4 2008年08月06日
現在深夜2時半!

1945年8月6日午前8時15分・・・

日本政府の超アフォーな戦争行為のせいで

アメリカ軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」が、

原子爆弾「リトルボーイ」を広島に投下した。

これにより、14万人が死亡。

一瞬で14万人の人が命をなくしました。

今日は広島市で原爆慰霊祭が行われる日なんだねぇ。

現代日本の姿は、14万人の人の犠牲の上に成り立ってる、

こういっても過言じゃないと思うけど。


昨日のマンホウル事故・・・

突然の増水で数人の方が亡くなられてましたね、、

まだまだ生きたかったでしょうにねぇ、、泣けてくるんだわ。。

遺族の方もカワイソウ。。。。。

戦争、自然災害・・・・・

みんながその個人の持つ寿命をまっとうして死ねる、

そんな世の中になることを願いつつ、

今日はみんなで合掌しましょうぞ。。ご冥福を。


今日は「数学」について。

多くの人に、誤って認識されてることも多いと思うから。


<数字の常識:疑う大切さ>


円周率を3と数えることになったとは、

「ゆとり教育」批判で象徴的に取り上げられたエピソードだ。

実際の学習指導要領の表記は

「円周率としては3.14を用いるが、

 目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮するものとする」。

全ての教科書に円周率は3.14と記載されている。

全くの誤解なのだ。

いまもこの誤解は解消されていない。


東北学院大の准教授、神永正博さん(40)も

「とんでもないことだ」と少し前まで思い込んでいた1人だ。

東京理科大、京都大大学院などを経て、日立製作所で

ICカードのセキュリティー(安全性)技術の研究開発に従事。

いまは大学で数学や情報工学を教えている。

そんな神永さんが、円周率の話のように、

自分自身の反省も踏まえて著した「学力低下は錯覚である」が面白い。

タイトルからして刺激的だが、

「数字を扱うのが三度の飯より好き」という神永さんは、

多くの人がいつの間にか根拠もなく信じていることを、

数学的にとらえ直そうとしてくれている。 


学力低下がないと言っているわけではない。

最近の大学生の実態が赤裸々に紹介されている。


「直前に本番同様の練習問題を与え、徹底的な演習をしても、

 白紙の答案がじわじわ増加している」

「ほとんどの学生は一夜漬けさえしない。

 試験前の生協のコピー機も大して込み合わない」。


そして


「賽の河原とは大学のことだろう」とまで嘆く。

ところが、実態以上に学力が下がって見えるのは

数学的に当然なのだという。

少子化に加え、大学の定員が増えたからだ。

神永さんの計算では、仮に定員が増えなかったとしても、

少子化で、2007年の偏差値50の人は1992年の42程度、

48の人は35程度にしかならない。

レベルの高い大学に昔より学力の低い人が入れてしまうわけだ。


国際的な学力の順位低下が昨年末、

大きな話題になった経済協力開発機構(OECD)の

国際学習到達速度(PISA)調査も、

参加国数の増加の要素を加えて計算し直すと違った結果になる。

近ごろ耳にする、

理工系は文系より生涯賃金が5000万円も低いというのも

実は・・・と、「定説」が次々に覆されていく。 


とりわけショッキングな数字は、

都道府県別18歳人口の予測値。

約30年後には半減してしまう地域がいくつもあるという。

国立社会保障・人口問題研究所のデータが元だ。

大学を義務教育にでもしない限り、

経営が成り立たないことは小学生でもわかる。 

まえがきに「本書は論争的な本である」とある。

大いに論争してほしい。


常識を疑う・・・

ものごとを学ぶ上で、これほど大事なことはあるまい。


とい記事でした〜〜

ゆとり教育によって

「円周率は3とする」は大きな誤認識でした。

ご存知でしたかねぇ〜〜???


昨日、ちょっと時間が空いたので

ハスタートノコのセットをばらしてみた。

もう、出てくる、出てくる、卵室だけ・・・

中身はカラッポ。。。

こりゃダメぽん、、この♀ダメぽん。。

ちゃんと精子かかってないのかもしれんなぁ。。

でも、もう使える♂いないしねぇ。。。

数日後羽化してくる♂の成熟を待つしかなさそうだわ。。。

コマッタぞ。。。


じゃまたね。



センセの気持ち:らすと 2008年08月07日
現在深夜1時!

数日前のニューズ・・・

新種のヘビ発見!


カリブ海のバルバドス島で世界最小のヘビを発見し、

新種に分類したと、米ペンシルベニア州立大の研究チームが

ニュージーランドの国際動物学誌ズータクサに発表した。


長さは10センチ弱で、太さはスパゲティ並み。

日本で雨の後によく見掛ける大きめのミミズより小さい。

主にアリやシロアリの幼虫を餌にしているとみられるという。


という、とってもかわいいヘビの記事でした〜〜

体長10cmでスパゲティーの太さかぁ〜

じゃ、スパに入ってても気付かないってことだな♪

動くスパゲティーってとこだな♪

こりゃ、マニアに受けそうだ。


今日は理科のお話です。

どうぞ〜〜〜


<小学校教師:理科苦手61%>


文部科学省が3月に告示した小中学校の新学習指導要領は、

理数教育の充実を図っている。

完全実施は小学校は2011年度、中学は12年度だが、

小学校理科は来年度からほぼ全面的に前倒し実施され、

年間総授業時間は350時間から405時間に増える。

新しい理科は、観察・実験や自然体験を通じた

「実感を伴った理解」を強調している。 


しかし、科学技術振興機構の05年度の調査では、

理科を苦手と答えた小学校教員は61%。

理科授業の課題に


「準備・片づけに手間がかかる」(66%)、

「教材作成等の工夫が必要」(55%)、

「実験に失敗するなど教科書通りに教えられない」(51%)


などが上がった。

大学時の専攻は、


教育系66%、

文学・経済・法学系が12%。

理学系と工学系は各1%だった。 


小5〜中3の児童生徒を対象にした

国立教育政策研究所の03年度の調査では、

「理科が好き」と答えたのは、

全学年で、国語、社会、算数・数学、英語を上回った。

しかし、「受験に関係なくても大切だ」は、

理科が軒並み低く、中3は55%しかいなかった。


という記事でした。

オイラにも、この傾向アリ・・・理科キライ><;

理由は、虫が好きだから、、生物に偏っちゃったんですよねぇ。

こんな傾向は、オイラのとこでも小学生に顕著に出てる。

生き物が好きな子は、物理・化学系に興味を示さないことが多い。

逆に、生物がキライな子は、物理・化学が好きな子多い。

きっと、こちらのペイジに足を運んでくれてる

みなさんのお子さんは「生物系」な子に育っていくんでしょうねぇ。

「虫ラー」の子は「虫ラー」でしょ、きっと・・・

「カエル」の子は「カエル」、

「うりのつるにはナスビはならぬ〜〜〜」とは、

よく言ったもんだわ〜〜♪


モセリオウゴンの

取っておいた採卵用カワラビンをほじってみた。

もう孵化した幼生がビン内を走り回ってたから。

出てきたのは初令6頭、

全部カワラ菌糸カップ250ccに入れた。

ずいぶん殖えたな、モセリの幼生・・・


まだ1♀セット中なんだけど、

もう今回のセットでタマゴ採るのはやめよう。

とはいいつつ、どうも♀は産み疲れたようで

今回は、もう産む気配はなさそうだ。

そりゃ、40発も産んだら疲れるよねぇ。。


じゃまたね。



火星に生物発見?:本当に存在するのか? 2008年08月08日
現在深夜1時半!

さぁ、今日は4年に一度の

「オリンピックの開会式〜」In ベイジング♪

これまでずいぶんとゴタゴタがあったが

何事もなく無事に全競技が行えますように。

折角のSportsの祭典、

国同士の汚い政治絡みの腹の探り合い抜きで

世界中の選手のみなさんには美しく競技をしてほしいと願います。


特に日本のみなさんには美しく競技を終えてほしいなぁ。

オイラはMedalにはあまり拘りはないんだけど。

選手の皆さんは一生懸命やって

自分で納得できればそれでいいのさ!

怪我しないように、病気にならないように、それが第一だな♪


バドミントンが気になるなぁ、オグシオ・・・

オイラは「シオ」さんが好きなんだねぇ。

あと「谷りょうこ」さん、

あまり美人とは言えないが

子供産んで育てて、そしてオリンピック・・・

あの元気さには完敗だわ〜、

オリンピック終わって乾杯できるといいな♪


あ、そうそう「パラリンピック」。

オイラはパラリンピックを見るのが好きでねぇ。

何か「生命力に満ちてる」というか、

「困難にも負けずに生きてる」というか、

ああいう前向きな姿勢は見習いたいもんだ。

軽易に自らの命を絶とうとする人には

是非ともパラリンピックを見てほしい、と思う。


今日は「宇宙」のお話です〜〜。

とっても、夢のあるお話なんですよ、読んでみて〜〜♪


<生物発見へ期待膨らむ:火星の水もうすぐ確認>


火星に過去、大量の水が液体で存在したことを示す手がかりは、

これまでの探査でいくつも集まっている。


まずは地形。

米国が1971年に打ち上げたマリナー9号以来、

様々な探査機が、水が流れた跡、

海岸線のような地形などを周回軌道からとらえた。

さらに、2002年に着陸して

今も活動中の米探査車オポチュニティーは、

水の作用でできた岩石や鉱物、化学成分を次々に検出した。

ただ、現在の火星の表面は乾き切っていて、水は見当たらない。

大量の氷が潜んでいるとすれば、

それは極域の地表のすぐ下らしい。

この事実は、上空を周回する米探査機マーズ・オデッセイの観測で、

2002年にわかった。

水分子を構成する水素原子が出す放射線をとらえたのだ。


ところが、これらはすべて間接証拠。

そこで氷を直接確認すべく送り込まれたのが、フェニックスだ。

調べ方の発想は単純だ。

ロボットアームで地面を掘り、

採取した土壌を本体の炉に入れて熱する。

蒸発した物質は、その重さが分析され、何なのかがわかる。

土壌に氷がほんの少しでも含まれていれば、水蒸気が検出されるはずだ。

フェニックスが、氷のある場所に着陸したことは、ほぼ間違いない。

着陸の際、ガスの噴射で地表の砂が吹き飛び、白く輝く塊が露出した。


研究チームを率いるアリゾナ大のピーター・スミス上級研究員は、

「予期せぬ出来事だった」と喜ぶ。

6月には、アームで掘り出した白い塊が、

数日後に消滅するという現象も発生。

研究チームは


「日光を浴びて蒸発した。

 塩でもドライアイスでもない、水の氷だ」


と確信している。

そうなると、氷だけではなく、

一気に生き物まで見つからないかと期待は膨らむ。

かつて火星に海があり、そこで生命が誕生していたとすれば、

それが氷に閉じ込められているかもしれない。

実際、地球では南極の氷の中から大昔の微生物が見つかっている。

フェニックスの分析装置は、水だけでなく、有機物も検出できる。


残念ながら、肝心の分析装置は、トラブルの続発で、

いつ壊れてもおかしくない状態という。


    獲物を仕留めるのが先か、壊れるのが先か。


不死鳥の名を冠した探査機の底力を祈るばかりだ。


ね?ね? 

この数日前のこの記事スゴイでしょー!!

火星に水があった、ことはもう発表されましたね〜〜

次は「生命体」の発見かぁ〜〜、

いよいよ「未知との遭遇」かぁ〜〜〜

フェニックスーー、

オマイ!壊れずに帰って来いよーーー!!


もうそろそろ

メンガタメリーの♀2に起きてもらわないと困るんだが・・・

昨年の12月に生まれて、まだ眠ってる。。

しぶといわぁ、、2♀とも・・・

もうメンガタホワイトアイズの♂は走り回ってるのに〜

♂の寿命が来て、ブリ間に合わなくなるぞ〜〜お〜〜

もう♀は起きるはずなんだけど・・・

これほどしぶとい♀は初めてかもしんないな。

う〜〜ん、、う〜〜〜ん。。。


じゃまたね。



お盆の交通事情:原油高騰の陰に 2008年08月09日
現在深夜1時!

お盆の交通情報〜♪

今年はこんな傾向が出てますよ〜〜


<お盆「鉄道」快走>

航空、鉄道各社と西日本高速道路会社は、

お盆期間の予約状況や渋滞予想を発表した。

原油高の影響で、国際線や高速道路の利用が落ち込む一方、

国内線や鉄道は好調。

海外より国内、飛行機や車より鉄道という傾向が如実に表れた。


JR東海、西日本両社によると、

8〜17日の東海道新幹線は4%、

山陽新幹線は7%それぞれ前年を上回り、

4割以上の席が埋まっている。


混雑のピークは、帰省が『9、13日』、

Uターンが『16、17日』となる見込み。


一方で、西日本高速道路会社によると、管内の高速道路では、

6月の通行台数が前年同月比で4%減少。

ガソリン高が直接影響したとみている。

8月7日〜20日の渋滞回数を

前年より22回少ない99回と予測した。


また、関西空港発着の国際線の予約は、

日本航空、全日空両グループとも前年より20%前後減少。

大阪、神戸の2空港を含めた国内線は日航が微増となっており、

日航は

「運賃に上乗せされる燃油サーチャージの高騰が影響し、

 海外より国内旅行を満喫しようという動きが顕著」

と分析している。


というお盆の交通予測でした〜

「9・13・16・17」日に大きな人の移動がありそうですね。

車の渋滞は今年は多くなさそうだし、

高速道路を利用する人は

今年は渋滞に巻き込まれにくいかもしんないな。


ギラファロンボクケイスケイの♂がバリバリに活動始めた。

羽化して2ヶ月半か・・・

90mm弱小型の♂なので、もう使えるだろ。

そろそろ同居させようかなぁ、

♂のオオアゴは輪ゴム3本でグルグル巻きだな。

オオアゴの先は内側に湾曲してるし・・・

この手のオオアゴの形状種は輪ゴムの方がいい。

輪ゴムでグルグル巻きにすると、外すときに楽なんだねぇ。

オオアゴの間にニッパ入れて、ぷち、で外れるから。

メンドッチィことは、

できるだけしたくないオイラだった〜〜。


1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、

アメリカ軍が日本の長崎県長崎市に

広島に投下した原子爆弾「リトルボーイ」の1.5倍の破壊力を持つ

原子爆弾「ファットマン」を投下しました。

第一目標「小倉:北九州」から

第二目標「長崎」に変更しての投下でした。

これにより、当時の長崎市の人口24万人のうち

約7万4千人が死亡、建物の約36%が全焼または全半壊しました。

63年前の「今日」に、長崎の約3人に1人の

何の罪もない方が亡くなられたんだねぇ、一瞬で・・・

核兵器なんかいりませぬ、いりませぬ。。なくなればいいのに。。

科学技術の発達は

恐ろしいリーサルウェポンをも作ってしまったのですね。。


明日から久しぶりに「命のお話」を記してみます。

ヒロシマのうた・・・

忘れちゃいけない歴史ってあると思うから。


じゃまたね。



命のお話:ヒロシマの詩(第一話:運命の子) 2008年08月10日
現在深夜0時半!

今日から、小学6年生の国語の教科書に載ってる

「ヒロシマのうた」をお伝えいたします。

第二次世界大戦の記憶が、

徐々に我々の脳裏から消えつつあることを憂慮して

今回、この「戦争」の物語を書いてみようと思いました。

男性は「水兵さん」になったつもりで

女性は、後に登場する「育ての母」になったつもりで

これから数日間のこの記述をゆっくりと読んでみてほしいのです。

この文章を通して、問いかけを残したいと思います。


尚、この文章は大人の方向けに、

オイラがずいぶんと

副詞・連体詞・形容詞・形容動詞、

暗喩などを付け加え編集してます。

原作に沿った内容ですが、本作とは異なる部分があること、

事前にご了承くださいませ。

それでは、各場面の情景を思い浮かべながら

登場人物になったつもりで、ゆっくりと目を通してください。

伝わってほしいこと、伝わるといいなぁ。


<ヒロシマの詩:第一話>


私はそのとき、水兵だったのです。

広島から三十キロばかり離れた呉の山中で、

陸戦隊の訓練を受けていたのです。

そしてアメリカの飛行機が原爆リトルボーイを落とした日の夜、

七日の午前三時ごろ、私は広島の町へ行ったのです。


町の空は、まだ燃え続けるけむりで、

ぼうっと赤くけむっていました。

不気味な夕焼けと言った方がよろしいでしょうか、

そこには私にとって、

以前に見たことのない光景が広がっていました。

私は、ちろちろと火の燃えている道を通り、

広島駅の裏にある東練兵場へ行きました。


   ここは本当に広島なのか・・・?


広い練兵場の全体が、黒々と、死人と、

動けない人のうめき声で、うずまっていたのです。

それぞれのうめき声の主の黒い塊は、

言葉にならないような、重く低い声を響かせながら、

小刻みに地面で揺れているのでした。

しかし、そのときの私には、どうすることもできなかったのです。


やがて東の空が薄明るくなって、夜が明けました。

私たちは、地獄の真ん中に立っていました。

本当に、足の踏み場もないほどの人がいたのです。

暗いうちは見えませんでしたが、それは・・・


 みんなお化け。

  目も耳もないのっぺらぼう。

   ぼろぼろの兵隊服から、

    ぱんぱんにふくれた素足を出して死んでいる兵隊たち。

     べろりと皮をはがれて、首だけ起こして、

      きょとんと私たちを眺めている軍馬。


誰も話している者はありませんでした。

ただ、うなっているか、わめいているばかりです。

そして、まだまだ、町の方から、ぞろりぞろりと、

同じような人たちが、練兵場に流れてくるのです。

それはまるで、生気をなくした生き物たちの葬列のようでした。


練兵場の中ほどに、演習用に、長々とクリークが掘ってありました。

そこには、赤く濁った水が溜まっていました。

焼けただれた人々は、いつの間にかその水を求めてはい寄り、

まるで激しい毒薬を飲んだように、水を口にすると、

浅い水たまりに頭を突っ込んで動かなくなっていくのです。


 水を飲ましちゃいかんぞ。

  やけどしているやつに水を飲ませると死ぬんだから。


軍医が私たちに注意しました。

だが、私たちがいくら注意してみても、

もう注意など聞ける人々ではありません。

私たちはそれを止めませんでした。


   水を飲んでも飲まなくても、

     間もなく死んでいくのですから・・・


私は、水を飲むことによって火傷した人々が

死ぬわけではないことを知っていましたが

みんな水を飲んで心が満たされ、安心し天に昇っていくのでした。


私たちは、練兵場の真ん中に、

死体をよけて、テントを張り、救護所を作りました。

軍医が、ごろごろ転がっている人々の目を、

一人一人、まるで魚をより分けるように調べていきます。

私たちは、その中で生きている人だけを、テントに運ぶのです。

テントは、すぐにいっぱいになりました。

木かげや、しまいには何もないぎらぎら太陽の照りつける草原にも、

赤十字の小さな旗を立てて、生きている人をただ集めるだけでした。


一日目は、死体を運んでいるうちに暮れました。

夜になると、まだ燃え残っている火で町の空は赤く、

その赤い空の色が、クリークの水に映って、

血の川になってました。

ずるりと焼けただれた人の肌ににじんだリンパ液も、

不気味に赤く光ってうごめいているのです。

私たちは、練兵場の外れにある林の中にテントを張って、

交代で寝ることになりました。


その夜、ふと私は赤ん坊の泣き声を聞きました。

初めは夢を見ているのだと思ったのです。


  ふぎゃ、ふぎゃ・・・


でも、少し眠ると、また赤ん坊の声で目を覚ますのです。

とうとう、私は起き出して、

懐中電灯で、声のする方を探し始めました。

でも、見当たりませんでした。 

そのうちに、交代の時間が来ました。


私たちは、テントを出て、それから四時間、

崩れた建物や土にうずまった広島駅の復旧作業に行きました。

そして、夜明けにテントに帰ってきました。


  おぎゃ、ふぎゃ・・・


そのとき、私は、

自分たちのテントのすぐ後ろで、足を止めました。


   運命の赤ん坊はここにいたのです。


<命のお話:第一話>

明日は、水兵さんの目の前で

赤ん坊のお母さんが息を引き取る悲しい場面です。

じゃまたね。



命のお話:ヒロシマの詩(第二話:永遠の別れ) 2008年08月11日
現在深夜0時半!

今日も昨日の続きです、「ヒロシマの詩」。

今日は第二話です。


赤ん坊はここにいたのです。


一人の赤ちゃんが、女の人に抱かれていました。

初め、私は女の人は眠っているのだと思いました。

赤ちゃんはお母さんの胸にうつぶせて、顔をくっつけていました。

すると、そのとき・・・


 ミーちゃん、ミーちゃん。

  あんた、ミ子ちゃんよねえ。

   ミ子ちゃん、私のミ子ちゃん・・・


と、突然女の人が声を出して、

何かに取り憑かれたかのように

ひたすら赤ちゃんの顔や頭をなでるのです。

よく見ると、お母さんは、目が見えないらしいのです。

このお母さんは、

ミーちゃんと呼ぶこの赤ちゃんと、離れた所にいるときに、

あの恐ろしいことが起こったに違いありません。

原子爆弾の閃光によって視力を奪われたようです。

目がよく見えないままに、

押しつぶされた家の中からミ子ちゃんを助け出したか、

それとも、誰か他の人に助け出されていたのを探し出して、

やっと、ここまで逃げてきたのでしょう。

ですが、よく赤ちゃんの顔が見えなくて心配で恐ろしいのです。


 ミーちゃん!ミーちゃん!


と呼ぶのをやめたかと思うと、

お母さんは、再びこんこんと眠りこんでしまいました。

と、赤ん坊がまた泣き始めました。

と、また、お母さんが呼ぶ。

何度もこれを繰り返すのです。

お母さんは、だんだん気が遠くなっていくようでした。

お母さんをよく見ると、

背中から後頭部にかけて、ずるりと皮が落ちているのでした。


 しっかりするんだ!

   お母さん、しっかりしなきゃ!


私は思わず、そんなことを叫びました。

でも、お母さんは、私に答える様子はありません。

命のロウソクの火は、徐々に消えようとしていました。

しばらくすると、また・・・


 ミーちゃん、

  あなたミーちゃんよねえ。


と、命の声を繰り返すばかりです。

私は、どうにもこのままにして、立ち去れなくなりました。

かといって、どうすればいいのか、さっぱり分かりません。


 しっかり!

   お母さんしっかり!


と、ただそんなことばかり、心の中で叫んでいました。


 軍医のいる所へ連れて行ったらいいものだろうか・・・


そんなことに迷いながら、私はいったんテントに帰りました。

すると、それまでより大きな赤ちゃんの泣き声がしました。

しかも、いつまでたっても、赤ちゃんの泣き声はおさまりません。


   私が行ったときには

    お母さんは石のように硬くなっていました。

     お母さんは、もう息を引き取った後でした・・・


それは赤ちゃんの泣き声が、亡き声に変わった瞬間でした。


<命のお話:第二話>


明日は水兵さんが、見知らぬ女性に赤ちゃんを託す場面です。

この後、水兵さんとその見知らぬ女性が・・・

明日に続く・・・



命のお話:ヒロシマの詩(第三話:偶然の人) 2008年08月12日
現在深夜0時!

今日も「命のお話」の続きです。

ヒロシマの詩:第三話「偶然の人」。


私が行ってみると、お母さんは、もう死んでいました。

赤ちゃんのくわえていたおっぱいが、固くなってしまったのです。

お母さんは、赤ちゃんをしっかり抱いたまま動きませんでした。

私は、命絶えてもまだ我が子を守ろうとする、

そんな母の想いを目で感じたのです。


私は、お母さんの固い手をなんとかほどいて

泣き続ける赤ちゃんを抱き取りました。

そのときの、お母さんの・・・


 固く抱き締めた冷たい手、

   まだらにただれた肌、

      ペロリとむけた皮膚、

        黒い棒になった足・・・


私は今でも、その光景をまざまざと思い出すことができます。

私にとっては一生消えることのない記憶として、

そのときの光景は鮮明に脳裏に残されているのでした。

私は何度も、お母さんから赤ちゃんを

奪い取るような気がして、気がとがめ、考え込みました。

お母さんの手は冷たいながらも、

生きているとしか思えませんでしたから。

しかし、赤ん坊をそのままにしておけば

間違いなく死んでしまう。

そう思い意を決したのです。


 大丈夫ですよ、お母さん。

  この子は私が預かりますから。


しかし、私は兵隊でしたし、

最後まで預かり切れるわけはありません。

それでも、そうお母さんに言わないと、

赤ちゃんをもぎ取ることができませんでした。


私はその赤ちゃんを抱いて、駅の方へ走りました。

息も絶え絶え走りました。

ふと途中で、赤ちゃんの名前のことを思い出しました。

引き返して、冷たくなったお母さんの胸から

縫い付けてあった布の名前をちぎり取りました。


 私はこのとき、この名札が後に

  重要な役割を果たしてくれることになろうとは

    思ってもいませんでした。


どこへ行っても赤ちゃんを渡せそうな人など歩いていません。

みんな、傷ついた自分の体をどうすればいいのか迷っているのです。

とても人のことなど頭に浮かばないし、見えないといった様子です。


 みんなみんな、

  自分が生きていくことだけで精一杯だったのです。


駅の近くまで行ったとき、

やっとリヤカーに荷物を積んで逃げて行く二人の人に会いました。


 もしもし、

   この赤ちゃんを乗せて行ってくれませんか。

     母親が死んでるんです。

       けがはなさそうですがね、この子には・・


私はそう言って、

ポケットに昨夜の夜食のかんパンがあるのを思い出して、

一緒に出しました。

しばらく、二人ははっとしたように顔を見合わせていましたが、


 ええでしょう、車に乗せてつかえ。

  駅に救護所あるでしょうから。

   ごちそうさんです。


 願います。


私はそう言うと、

せっかく取りに帰った名札を渡すのも忘れて、大急ぎで帰りました。

途中で名札のことをまた思い出しましたが、

もう追いかける暇はありませんでした。


私は大急ぎでテントに帰ったのですが、

もう食事が始まっていました。

私は、どこへ行っていたのかと尋問されて、

兵長にしかられ、ひどくぶたれ血が出ましたが、

なぜか、私は赤ちゃんのことを兵長に話しませんでした。

というより、話せなかったのです。

いくら説明しても、それは、

兵隊の私が勝手な行動を取っただけのことなのですから。

私は思いました・・・・・


  戦争ということが、

    こんなに悲しいものであることを、

         そのとき私は初めて知ったのです。


<命のお話:第三話>

明日は、戦争が終わって長い年月が流れた後、

水兵さんに驚きの手紙が届く場面です。


じゃまたね。



命のお話:ヒロシマの詩(第四話:奇跡の手紙) 2008年08月13日
現在深夜2時半!

今日も「命のお話」の続きです。

今日は、ヒロシマの詩:第四話「奇跡の手紙」。


 戦争ということが、

    こんなに悲しいものであることを、

         そのとき私は初めて知ったのです。


あれから、長い年月が経ちました。

戦争が終わって、七年目のある日、

私はラジオから聞こえてくる言葉に、はっとしました。

それは、尋ね人の時間でした。


 ・・・さんが、広島の練兵場で、

  赤ん坊を、リヤカーを引いていく家族の人に預けた

    海軍の兵士の方を探しておられます・・・・・


と言うのです。


   まさか!?

    あのときの!?


私は、急に体中が熱くなるのを感じました。

しかし、放送の初めの部分を聞きもらしているので、

尋ねている人の住所も名前も分かりません。

でも私は、もうすっかり忘れていたあの日のことを、

急にまざまざと思い出しました。

ミ子ちゃんと呼ばれていた赤ん坊のお母さんの死に顔は、

7年経っても、はっきりと私の目に浮かびました。

初め、何だかあのお母さんが、

私を探しているような、そんな錯覚を起こしました。

だが、そんなことがあるはずがありません。

お母さんは、あのとき私の目前で死んだのですから。


  もしかすると、

    あのリヤカーを引いて行った人だろうか。

      あの人が私を探しているのか、まさか・・・


でも私は、あのときミ子ちゃんを頼んだ人の顔は、

どうしても思い出せませんでした。


それから三日間、ラジオの尋ね人の時間を熱心に聞きました。

もう一度放送するかもしれないと思ったからです。

しかし、二度と聞くことができませんでした。


私はふと、あのとき、お母さんの胸からもぎ取った名札を、

あのころの手帳と一緒に今でも大事に

持ち続けていたことを思い出しました。


長い間かかって、それを探し出すと私は放送局へ行って

尋ねてきている人の住所を教えてもらいました。

尋ねている人は女性の名前で、住所は島根県になっていました。

あるいは、

全く私には関係のないことかもしれないとも思いましたが、

とにかく、あのときの様子を書いて、

もしや私のことではないでしょうか、と手紙を出しました。

すると、すぐに返事が来ました。

それには私の思いもよらない、意外なことが書いてありました。


──こんなに早く、

  あなた様からご返事いただけるとは夢にも考えていませんでした。

  果たして、あのときの兵隊さんが生きていらっしゃるかどうか、

  また、たとえお元気であっても、

  あのときのことなど覚えてて、返事をくださるかどうか、

  それほど当てにもしていなかったくらいです。

  でも、どうしても、あのときの、

  赤ん坊を抱いてかけていらっしゃった兵隊さんのことを思うと、

  黙っていられなくて、放送局にお願いしたのでした。

  あのとき、私たちはそれほど気にもしないで、

  まるで荷物のように赤ちゃんを預かりましたが、

  駅に行っても、どこへ行っても、

  赤んぼうは引き取ってもらえませんでした。

  私たちは、遠い親類を頼って、廿日市まで行くところでした。

  その廿日市へ行っても、

  誰も相手にしてくれる人はありませんでした。

  そのうちに、

  『この子はきっと、ヒロ子の生まれ変わりよね。』

  そんなことを考えるようになりました。

  と申しますのは、あのとき、私たちは目の前で

  自分たちの大事な赤ん坊を亡くしたところだったのです。

  それで、名前も同じヒロ子にして、今まで育ててきました。

  ところが、今年の二月、主人が突然、血を吐いて死んだのです。

  主人は広の工しょうに勤めていまして、

  あのピカドンの光には全然当たっていないのです。

  工場から帰ってくると、家も何もかもなかったのです。

  それなのに、七年もたっているというのに、

  原爆症で白血病だったのです。

  主人に急に死なれて、私たちは暮らせなくなったのです。

  今、主人の里の、広島と島根の県境のこの村に来ているのですが、

  どうしてこの子を育てていったものか迷ったあげく、

  あの日のことを思い出し、

  もしや、この子の本当の身内の方が見つからないものかと、

  尋ね人に出したわけでございます・・・。


この手紙を受け取った私は、

力いっぱいに手紙を握り締めながら声を震わせました。


 ありがとうございました。

  ありがとうございました。

   ミ子ちゃんは元気で、助かったのですね。

    あの子は生きてたのですね、

     ありがとうございました・・・ 


私は返事をすることのない手紙に独り言を言って、

朝まで手紙に頭をこすりつけて泣いたのでした。


<命のお話:第四話「奇跡の手紙」>


明日は、水兵さんがミ子ちゃんと運命の再会をする場面です。

悲しい生活を強いられてるミ子ちゃんの話を聞いた水兵さんの

揺れる心が鮮明に描写されてます。


じゃまたね。



命のお話:ヒロシマの詩(第五話:再会の日に) 2008年08月14日
現在深夜2時!

今日も「命のお話」です。

ヒロシマの詩:第五話「再会の日に」。


 私は返事をすることのない手紙に独り言を言って、

   朝まで手紙に頭をこすりつけて泣いたのでした。


それにしても、遠くに離れている私には、

どうすればいいのか分かりませんでした。

私は、すぐにも飛んで行って、

ミ子ちゃんに会ってみたいと思いました。

でも、私も勤め人です。

そう勝手に仕事を休むわけにもいきません。

私は、すぐに返事を書きました。


  夏まで待ってください。

   夏になったら、きっと休みをもらって、広島へ行きます。

    広島でお会いして、

     いろいろ私にできることなら相談いたしましょう。


そういう旨の返事を出しました。


その年の夏、

ちょうどあの原爆の日のように朝からぎらぎらと暑い日、

セミが大声で騒ぐ広島の駅で、私たちは会いました。

赤いズックぐつに、

セーラー型のワンピースを着ている一年生というのが、

ミ子ちゃんの目印でした。

私は、白いワイシャツにハンチング、

紺色のズボンというのが目印の約束でした。

私はすぐに分かりました。


 橋本さんですね。


   はい、あの・・・。


 ぼく、稲毛です・・・。


私は不思議な気持ちでした。

あと何を話し出していいのか分かりませんでした。

あのときの運命の子との再会の日が訪れるとは

私は夢にも思ってなかったからです。


広島の町は、あの頃とはすっかり変わっていました。

ミ子ちゃんは、恥ずかしそうに、何を言っても黙って、

お母さんの袖に隠れていました。


  ああ、

   この子は本当の母親のことは

      何も知らないのか、幸せだな・・・


私は最初に、そう思いました。

その日、初めて、私はあの日死んでいった

ミ子ちゃんのお母さんの話をしました。

途中まで一生懸命に涙をこらえ、話を聞いていたお母さんは、

急にぼろぼろと涙を流し始めて・・・


 ええ、もう、

  今日お会いするまでに、決心したのです。

   ヒロ子はやっぱり私の子です。

    誰が何と言ったって、他人にあげるものですか! 


ミ子ちゃんを誰かに預けたいという

相談をするために来たはずのお母さんは、

そう言って、大粒の涙をたくさん流すのです。


 そのお母さんは、本当に偉いお母さんですわ。

 私は恥ずかしい。

 私は目の前で、我が子を死なせてしまったのですものね。

 その方に代わって、私は今度こそ、

 『本当のヒロ子のお母さん』になります。

 遠い所から来ていただいて、すみませんでした。

 でも、こうしてお話をうかがえたので、決心できたのです。


私たちは、ミ子ちゃん、いいえ、ヒロ子ちゃんです、

ヒロ子ちゃんのいない所でこんな話し合いました。

ヒロ子ちゃんは今、本当のお母さんだと思っているのですから。


ヒロ子ちゃんとお母さんは、

その日の夕方の汽車で、また島根の方へ帰りました。

私たちは、ヒロ子ちゃんが中学を卒業したときに、

再び会う約束をしました。

そのときまで、何もヒロ子ちゃんには打ち明けないことにしました。

私は、少し寂しい気がしました。

半日しか会えなかったから無理もありませんが、

ヒロ子ちゃんと、何もお話ができなかったからです。

二人が汽車に乗ってから、プラットホームに売っていた、

パイナップルの氷菓子を一袋買って、ヒロ子ちゃんに渡しました。

そのとき・・・


   ありがとう。


と言ったきりでした。

これは、私があのピカドンのとき以来・・・

まだ赤ちゃんだったヒロ子ちゃんの泣き声以来の声でした。

そのときの、何かヒロ子ちゃんの暗いかげが、

いつまでも私には気になりました。


その数日後、追っかけるように手紙が来て、

これはまた悲しいことが書いてありました。

今いる島根の家は、死んだ主人の家で、

主人の母、ヒロ子ちゃんの義理のおばあさんに当たる人が、

ヒロ子のことが気に入らないのだというのです。

死んだ本当の孫のことを思うにつけても、

何かとヒロ子ちゃんに当たり、嫌みを言うというのです。

そして、とうとうある日・・・


   おまえは拾われた子のくせに!!


というようなことを、

ヒロ子ちゃんに言って怒ったのだそうです。


 やはり、本当のことを、

  ヒロ子に言った方がいいのでしょうか・・・ 


お母さんの手紙には、こう書いてありました。 

それは私にも、どう答えてよいのか分からないことでした。

広島で初めて会ったときの感じでは、はっきりしなくても、

何かヒロ子ちゃんも感じていることがあるようにも思われました。

ヒロ子ちゃんをよそにやりたいというお母さんの弱気が、

ヒロ子ちゃんにも敏感に感じ取られていたのに違いありません。

私は、できれば田舎の家を出て、

ヒロ子ちゃんと二人で暮らすことができないものだろうかと思い、

そのことを書き送りました。


すると、その年の暮れ、

ヒロ子ちゃん親子は、広島に出て、小さな洋裁学校に

住みこみで働けるようになったという手紙が来ましたが、

その手紙もだんだん短くなって、しまいには来なくなりました。


   私もいつしか

    ヒロ子ちゃんのことが記憶から遠ざかっていくようでした。


<命のお話:第五話「再会の日に」>

明日でいよいよ、ヒロシマの詩の完結です。

水兵さんが15年前の真実をヒロ子ちゃんに伝える瞬間です。

死んだ母の腕の中で泣いていた1つの命が、

強く優しく育った姿を見てあげてください。


じゃまたね。



命のお話:ヒロシマの詩(最終話:真実の瞬くときに) 2008年08月15日
現在深夜3時半!

今日は「終戦記念日」です。

いよいよ今日で「命のお話」の完結です。

ヒロシマのうた:最終話「真実の瞬くときに」。



  私もいつしか

   ヒロ子ちゃんのことが記憶から遠ざかっていくようでした。


ところが、今年の春、何年かぶりに手紙が来ました。

ヒロ子ちゃんが中学を卒業したのでした。

そして、ぜひ一度会って、

ヒロ子のお母さんの話などしてやってほしいとありました。

そうして、今年の夏、私はまた広島を訪ねることになったのです。


   私は『原爆の記念日』を選びました。


ヒロ子ちゃんはもう十五歳になっていました。

中学を卒業して、お母さんが働いているその洋裁学校で、

洋裁の勉強をしているのでした。

もうすっかり娘さんのように大きくなっていました。

私は記念日を選んだことを、後悔していました。

町じゅうで催される記念のいろいろな行事は、

何か私たちの思い出とかけ離れたものとしか思えなかったからです。


その日、私はいよいよヒロ子ちゃんに、

死んだお母さんのことを話す約束をして、

二人で一日、目的もなく町を歩き回ったのです。

でもどこにも、そして、いつまでたっても、

そのきっかけがないままに、歩き疲れてしまいました。


夕方、私たちは一軒の食堂に入りました。

その食堂の裏は、川に面していました。

暑いので、私たちはその川の見える窓の近くに席をとりました。


 ヒロ子ちゃん、もう洋服ぬえるのかい?

 
 いいえ、今、ワイシャツをやっているんです。


そんな話を始めながら、ふと私は窓の外を見ました。

何だか、おびただしい数の赤いものが、川上から流れてくるのです。


 あっ! あれはっ!


と言うと、


 灯篭流しです。

  去年もやっていました。きれいですよ。


ヒロ子ちゃんが教えてくれました。

去年、私も、

広島の灯篭流しのことを新聞で読んで知っていました。

原爆犠牲者の戒名を書いた灯篭を、川に流しているのです。

私は・・・・・


   そうだ!

     今話さなければならないのだ!


と思いました。

私はやっと、ポケットに持っていた布の名札を取り出して、


 ヒロ子ちゃん、

   これなんだか知ってる?


と聞きました。


   「広島市横川町二−三

         長谷川 清子 A型」


と書いた、薄汚れた小さな名札です。


 何ですか、それ・・・


不思議そうに、ちょっと指先で触ったりしてみました。

私は、じっと窓の外の灯篭を見ながら、

あの日のヒロ子ちゃんのお母さんの真実を

包み隠すことなく話しました。


 最期まで

  ヒロ子ちゃんをしっかりと抱き締めていたこと・・・

 自分の命よりも

  ヒロ子ちゃんを大事に思って死んでいったこと・・・

 ヒロ子ちゃんは

  世界中の誰よりも母に愛されていたという真実・・・


ヒロ子ちゃんは、黙って聞いている様子でした。

ヒロ子ちゃんが、

わっと泣き出したりしたらどうしようかと、私は心配でした。

でも、ふとヒロ子ちゃんの顔を見て私はほっとしました。

ヒロ子ちゃんは、その名札を胸の所に軽く当てて、

私の方を見ると、にっこり笑って・・・


   あたし・・・

     お母さんに似てますか?


と言うのです。

嬉しいのやら、可哀想なのやら、

私の方がすっかり涙ぐんでしまいました。


   ヒロ子ちゃんは強い子になっていました。

     どんなことにも負けない子になっていました。


お母さんが心配するといけないから、といって、

私たちは、それからすぐ洋裁学校に帰りました。

食堂を出て、橋を渡ろうとすると、

灯篭を見る人たちでいっぱいでした。

そこを通り過ぎて、ちょっと暗い所になりました。


  会ってみたいなお母さんに・・・

   一度だけでいいから会ってみたいな・・・

    あたしを産んでくれたお母さん、

     いったいどんなお母さんだったんだろう・・・


ぽつんとヒロ子ちゃんが独り言のように言いました。

そのとき、勝ち気なヒロ子ちゃんの目が、

初めてキラリと光ったのでした。

それを見た私の目にも

熱いものが次から次へとあふれ出てきたのでした。


その日は、私も洋裁学校の一部屋に泊めてもらいました。

私が起きると、ヒロ子ちゃんのお母さんが出てきて、


  夕べ、あの子は寝ないんですよ。


と言うのです。


  やっぱり・・・


と、私が心配そうに言うと、


 いいえねえ、

  あなたにワイシャツを作ってたんですよ。

   見てやってください。


そう言って、

嬉しそうに、紙に包んだワイシャツを、こっそり見せるのです。


  内緒ですよ。

   見せたなんて言ったら、叱られますからね。


そっと広げてみると、

そのワイシャツの腕に、小さなきのこのような原子雲のかさと、

その下に、S・I、

わたしのイニシャル(頭文字)が水色の糸で刺繍してあるのです。


 よかったですね。


 ええ、おかげさまで、何もかも安心ですもの・・・。


お母さんはそう言って、

笑いながらも、そっとハンカチで目を押さえるのでした。


私はその日の夜、広島駅で、

汽車が出るときに、窓からそれを受け取りました。

私は両手でそれを胸に強く抱えながら、

いつまでも十五年の歳月の流れを考え続けていました。


  よかった・・・

   15年前にあの子を助けて本当によかった・・・

     お母さん、あの子はもう1人でも大丈夫です。

       あなたが命がけで抱き締めていたミ子ちゃんは

         もう、1人でも立派に生きていけますよ・・・


私は、そう心の中で天国のお母さんに報告しました。


汽車は、そんな私の気持ちなど気にも留めず、

鋭い汽笛を鳴らして、ただただ・・・

・・・ただただ私を遠くへ運んでいくだけでした。


<命のお話:最終話「真実の瞬くときに」>


今日は全国各地で黙祷や式典が行われます。

お子さんのいらっしゃる方は、

その黙祷が何を意味するのか、なぜ黙祷するのか、

それらをきちんと伝えてあげてください。

この数日間の物語が、

63年前のこの国で、本当にあったことを伝えてあげてください。

これから後の世を生きる子供たちへ・・・

我々、大人の責務として伝えていくことができればいいなぁ。



 私の お墓の前で 

       泣かないでください

  そこに 私はいません 

         眠ってなんかいません


 千の風に 

   千の風になって

     あの 大きな空を 吹き渡っています



           <命のお話:ヒロシマの詩「完結」>



ハムスターが我が娘に語った命のお話 2008年08月16日
現在早朝4時半!

今日も「命のお話」、ある主婦の方の手記です。

おそらく、ほとんどの方に下記の経験がお有りだと思います。

「はっ!」とされる方も多かろうと思うんだけど。

『死』の語についての記述です。


<命の重さを実感した日>


「お母さんなんか死ねば」


部屋の片づけをしない10歳の娘をしかったときに、

はっとするような言葉が返ってきた。


3日後、

娘がかわいがっていたハムスターが突然死んでしまった。

娘はぐったりと横たわるハムスターのそばを離れず、

名前を繰り返し叫んでは、半日も号泣していた。


今まで元気だった生き物がいなくなるのは、

  こんなにも寂しく悲しいことなのよ。

   だから軽々しく『死』っていう言葉を出したらだめよ。


話し掛けた私の言葉に、

娘は目を真っ赤にしながら、何度もうなずいていた。

生まれて初めて身近な「死」に直面して以来、

娘は文頭のような言葉を発することは一切なくなった。


もうすぐ私が10歳の時に病で亡くなった母の命日がやってくる。

命の重さを、これからも娘に伝えていきたいと思う。


という主婦の方の手記なんですけど、


 「娘はぐったりと横たわるハムスターのそばを離れず、

  名前を繰り返し叫んでは、半日も号泣していた。」


オイラはこの手記を拝見させていただいてねぇ、

この子は「失われた命」から

1つしかない命の重みを知ることができたと思ったんだねぇ。

こういう経験をした子は、

将来的に他に優しい子になっていくんじゃないかなぁ、

と思った。

今後、間違っても「死ね」とか「殺す」とかいった

凶器になる言葉は使わない子になると思うんだけど。


オイラは十数年教室で子供の会話に耳を傾けてるんだけど、

この「死」の語を

平然と使う子供は、明らかに増えてる傾向にあると思う。

それもさもありなん、と思う部分がある。

ネット社会がこれに拍車をかけてると思うんだけど、

大人が面白半分に、且つ軽易に上記語を使ってるように思えるから。

そりゃ、子供は真似するはずだ、と思う。

子供の言葉遣いを責めるより、

まず大人の非行を正す方が先決じゃないかと思うけど。

お笑い番組でも

「死ね!」とか「殺すぞ!」の言葉をよく耳にするなぁ。

あれは絶対に止めた方がいいと思うんだねぇ。。


こちらのペイジをご覧になられてる方の飼われている虫の多くは、

もうすぐ冷涼な秋になり、

命の終わりを迎えることが多いんじゃないかなぁ。

虫が死んじゃっても何とも思わない子には育てないでほしいなぁ。

所詮「虫」、されど1つの命を持つ「虫」・・・


オイラはこの「虫」という生物は

「生」と「死」のちょうど中間に存在する

非常に奇異な位置にある生命体だと思っている。

弱いながらも命の限り活動するし、

病になっても最期まで足を動かし生きようとする、

こういう姿は人間の方が見習うべきかもしれませんねぇ。

どう思われますかねぇ???


じゃまたね。



無差別犯へ:命のお話(ラスト) 2008年08月17日
現在深夜2時半!

東京でのタンクロウリの横転事故。

カワイソすぎる、カワイソすぎるぞ。。

目の前で子供を失うってカナシすぎますよね。。

あの事故も、もっとスピードを落としてたら

あれほどの大事故にはならなかったはずなのに・・・

スピードを落とすことにより、命を落とすことは防げるはず。

連休されてた方にとっては、今日が最後の休日かなぁ。

もうね、Speed出しちゃダメですよ、ホント・・・

自己中心的な暴走車によって、

関係ないのに事故に巻き込まれる人がカワイソすぎるぞ。。

残り一日・・・

みなさんが、加害者にも被害者にもなりませんように。


今日は「許せぬ行為」の記事です。

これは、許すまじ・・・・・・・


<繰り返される身勝手な凶行>


見ず知らずの人を刃物で無差別に殺傷する事件が起きた。 

東京八王子市の駅ビル内の書店で

33歳の会社員の男が2人の女性を次々と刺し、

アルバイトをしていた女子大生が死亡した。 


逮捕された男は


「仕事がうまくいかず、両親に相談したが乗ってくれなかった。

 ムシャクシャしてとっさに人を殺したくなった」


と供述しているという。 


     子供のように未熟で、自分勝手な言い分だ。


相手の未来を奪い去り、

家族を悲しみの底に突き落とすことになる重大さを、

想像できないのだろうか。


それにしても、最近は似たような事件が多すぎる。

東京・秋葉原の歩行者天国で17人を殺傷した

25歳の派遣社員の男は、

「人を殺すために秋葉原に来た」と供述した。


茨城県のJR荒川波駅で今年3月に8人を殺傷した

24歳の無職の男も、

「誰でもよかった。人を殺したかった」と語っている。


     動機も共通していて不気味なほどだ。


個人的な不満やイライラで簡単に人命を奪ってしまう。

駅、歩行者天国に続き、今度は駅ビルが狙われた。

どこに危険が潜んでいるか分からない。

そんな不安を覚える人も多いだろう。

秋葉原事件では、

若者の不安定雇用や格差社会と結びつけた主張もあった。

だが、いつの社会にも格差はあり、厳しい就職難の時代もあった。


     正当化の余地はない。


不安定雇用などを改善していくことはもちろんだが、

自らの努力不足や忍耐不足を省みず、

他人や社会が悪いといった『責任転嫁』の風潮が強まっていないか。


最高裁は、山口県のJR下関駅で9年前に起きた殺傷事件の被告に対し、


「落ち度のない通行人らを無差別に襲った犯行は

 極めて悪質で酌量の余地はない」


として死刑を言い渡した。

平穏な生活を守るために、犯罪には毅然と対処すべきだ。

それでこそ遺族の納得も得られる。

今年上半期の殺人の発生件数は649件で、

昨年同期より10%増えた。

4年連続で減少傾向にあっただけに、気がかりな数字だ。


埼玉県川口市では中学3年の長女が父親を刺殺するなど、

子供が突然、親に襲い掛かる家庭内の事件も多発している。

暮らしを通じて自然と善悪のけじめを身につけ、

自律する力を養っていく。

遠回りではあるが、

そんな家庭や地域の力を取り戻していくことも考えてみたい。


という記事でした。

オイラはこの文章の「責任転嫁」の語に共感を覚えました。

社会全体に「責任転嫁」の風潮がある・・・・・

みなさんもそう思わないかな・・・・・


これで「命のお話」は終わりにします。

いろいろ好き勝手な記述してゴメンナサイ〜〜

明日からは、陽気な話題。

オイラには3日間の休暇があったんだけど

その詳細を・・・

採集にも行ったし、墓参りにも行ったし、ソバや焼肉食ったし、

デパートで●Lのズボン買ったし、パチ・・イナバウバァ〜??

じゃまたね。


ネバさん、サンキューね♪

たくさんありがとう〜〜 もう消化したWWW


奈良県の方、発送させていただきました。

到着は本日の午前中です。無事に届けばいいけど危険かな。


ともぴさん、メイルの返信したんだけど・・・

もう一度、お送りいたします、ゴメン〜〜><


さぁ、今日はナニして遊ぼっかなぁ〜〜〜



8月15日の出来事・・・ 2008年08月18日
現在深夜3時!

今日からお仕事開始です〜

昨日まで3連休だったんだけど〜

今日はオイラの休日のことを書き書きです。


8月15日金曜日、早朝5時に起床。

まだ教室のプリント整理や連休明けの準備ができてなかったので。

そして、虫りながら雑用をしてると

8時に家から電話が・・・


   今から墓参りに行くからスグに帰って来い!!


実にオイラのことを考えない一方的な電話だった。

ナミダがちょっと出た。。(T・T:じょー)

家に帰って、オイラの弟と、

さらに一番下の弟夫婦その子2人、

じぃ、ばぁと霊園に向かった。

実はオイラは♂3人の兄弟だったりする。


霊園には、ものスゴイ数の「人!人!人!」

そのとき、ふとメンガタメリーの

1セットで70発採卵して目まいがして倒れ

病院に運ばれたときのことを思い出した。

数が多すぎる・・・・・

並ぶこと20分・・・お参りを済ませもう一つの先祖の墓へ直行。

掃除してみんなで手を合わせ帰宅。


その日の夜は、メーンエベント!昆虫採集〜!

先月の日記に書いてたんだけど、

7歳の甥っ子と昆虫採集に行く約束をしてた。

7歳の甥っ子は先月から一ヶ月間、

オイラと昆虫採集に行く事を楽しみにしてたらしいから

今回の昆虫採集は、はっきり言ってオイラは本気だった。

念のため、前日に下見をしにポイントまで行ったほどだった。

なんとか1匹でも採らせてあげようと思ってたんだねぇ。

チビの喜ぶ顔が見たかったんだねぇ。

前日の下見で、カブ♀1とコクワ♀1を採っておいた。

万が一、チビを連れて行ったときに採れないと困るので。

採れなかったときには、

気付かれないように虫をチビのそばに置いて・・・


  お!お!お!

   こんなとこにカブトムシ発見ーっ!!


っと、しらじらしく叫んで

虫を採らせて夏のいい思い出にしてあげようと思ってた。

なんて優しいオイラなんだ、と思った。

ちょっと卑怯な気がしたが、まったくその通りなのである。


しかし、昆虫採集に家を出発する前に事件発生!

オイラの弟、つまり7歳児のオヤジが

懐中電灯をいじって壊した7歳児を叱り飛ばしたのだ〜

叱られた7歳児は、泣きながら母にすがりつき・・・


  もう行がへん。。 

    虫採りに行がへんもん。。。


それに対して父親曰く・・・


  行きたくなかったら行くなっ!!


さらにチビの泣き声は激しさを増した。。。

そのどんよりした空気の一部始終を見てたオイラは思った。


  ・・・おぃおぃ、、このまま行かないことになるんかえ??

  あ、、あの、、、このままじゃ・・・

  前日に下見までしに行ったオイラって、もしかして・・・

  ばか??


その状態でしばらく待ってたんだけど、やっぱ親だねぇ。

突然、弟は・・・


弟 :おぃ、みんなで行くぞ!!

弟嫁:おなか痛いけどワタシも行こ。

5歳:わーい、わーい♪

7歳:・・・行がへんもん。。。

弟嫁:じゃ、お留守番しておきなさいね。

7歳:いやや〜〜、、一緒に行く〜〜〜

弟 :(オイラに)さっさと用意せんかっ!ヴォケ!!

オイラ:(八つ当たり。。なぜにオイラがヴォケにされる?)


「オマイのせいで空気どんよりしたんやないかい!」

と思いつつ、またチビが泣き出すと困るので黙ってた。

オイラはその時、いろいろ考えた・・・・・


  オイラの存在って、いったい何なのだろう・・・?


しかしなぁ〜、

この弟って、とんでもないヤツやわぁ〜〜!!

いつか仕返ししてやろうと思ってます。


車で走ること30分・・・

オイラは前日に下見をしたポイントにGO!

着いてすぐにカブ♀発見!

そして車のLightに「ゴンッ!」

の音が聞こえて振り向くと、車の横にいた7歳児が・・・


   うわぁ、何か飛んできた〜〜〜〜〜〜〜


そこにはミヤマの♀がいました。

天然のクワガタを目の当たりにした7歳児は大喜び(^ー^)

これでオイラが卑怯な戦術を使わなくて済んだよ。

その日の収穫はこの2匹。

帰り際、お盆であることもあって、オイラはチビ2人に・・・


  今日は小さな生き物の命を大事にする日なんだ。

  採った虫は「また来年に遊ぼうね」って逃がしてあげるんだ。

  みんな一生懸命に生きてるんだ。

  はい、このケイスを持っていって逃がしてきてあげて。


いつもは言うことを聞かない2人であったが

この時はすんなりと言うことを聞いた。

2人はケイスのフタを開け、山に向かって叫び始めた。


  また遊ぼうね〜〜

   また来年ね〜〜〜

    元気で生きといてな〜〜〜


そういって1匹ずつ、山に放してあげてた。

それを見たオイラは何だか感動してしまったよ。

連れてきてよかったなぁ、って思えた。

これから先、命を軽んじない優しい子に育ってほしいと思った。

しかし、最後に気になる叫び声が・・・


  今度の日曜日にまた会おうね〜〜〜


・・・これを聞いたオイラは頭が痛くなった。

もう行きません〜〜〜よ〜〜〜〜

オマイらに、どれだけ気を使ったと思ってるんだよ。。

今年はもう行かない。。


こうして、一日目の休日は終わったのであった〜〜、、

ふぅぅ。。。

子供との虫採りって疲れるね。。。

明日は16日の出来事編〜


リンクコーナーに

「匠虫房」の「たくみ」さん追加です。

この人の名前は次のビークワの本に出ると思うので〜

すごい記録を作られたもんだ。

オイラもついでにコソッと出てるかもしんない。


「HAPPY DAYS」追加〜

女性のHPって結構面白かったりする。

子供好きなオイラにはタマラン。新鮮でGOOD。

今後ダンナさんには、虫ムシーンの人生を歩んでもらう所存です。


「etsu」さん、

リンクスページにバナー張らせていただきました。

バナーはクワクワが勝手に作ったです。

ちょっと雑なんだけど急いで作ったから許してぽん。


そういえば、この日記書き始めてから

15日で丸4年になったんだねぇ。

よくまぁ、4年も毎日こうして書き続けてきたもんだ。

エライんだか、パーなのかよく分からないんだけどね。


じゃまたね。



8月16日&17日の出来事・・・ 2008年08月19日
現在朝7時!

おはようございます〜

昨日は久々に仕事して疲れて眠ってしまってたよ〜


さぁ、

今日は8月16日と17日の出来事編・・・


16日、早朝5時に起床。

そして教室へ30分間かけ、歩いてGo!

ん〜、休日もヘルシーーメニュー♪

その後、

教室でエサ換えたり、パソ触ったり、発送の準備したり、

ゴソゴソしてたらすでに9時半に、早っ!


  もうチビたちも起きてるだろうな・・


そう思い帰宅したら・・・誰もいねぇ。。。

弟の携帯に電話したら○オンで遊んでるとのこと。

オイラも行きたかったが、○オンでは

父兄のみなさんがたくさん働いていらっしゃってねぇ。

顔を合わせるとグチグチ言われるので行きたくないんだねぇ。

休日にまで仕事のお話をされるのは苦痛この上ナシ。


しょーがないから、パチ屋に入った。

オイラは行きたくないのに、Kemeって人が、

「行け、行け」って言うから行っちゃったよ。

増えた、¥3600!

甘デジ「マジカル タルルート」くん、エライ!!

タルルインパクトーーっ!!

これもみんなKemeさんのおかげです、ありがとー♪


2時間でパチ屋を出て、帰宅すると

テイブルの上にはタコヤキが焼いてあった。

オイラはタコヤキが好きでねぇ。

43個も食べちゃったよ。

そして気分が悪くなって横になってたら寝てた。


気がつくと夕方5時に・・・

お、お、お! etsuさんに発送しなきゃ!

急いで梱包してギリギリセーフ。。

いつもなら早々に梱包しておくんだけど、

今回は外国産ミヤマなので慎重に

保冷の関係で発送時間ギリギリまで梱包しないようにしてた。

一年のうち、正月・GW・お盆・クリスマスの4行事時には

時間指定しててもお届けが遅れることがあるので要注意。

今回は、「発送」が「発走」になっちゃったぜよ。。


発走しながらの発送を終え、

今度はデパートに行くことになった。

夕飯のおかずの買出し&オイラの仕事ズボンの購入目的。

最近、なぜだかウエストがぁ、、キュッ!

ズボンが穿けないんだよね。。。

ずいぶんと運動はしてるんだけど

やはり、その運動方法に問題アリなんだろうなぁ。

生活の不摂生が原因なのだろう・・・

すべての責任は虫の飼育にあると思われる。


デパートに着くやいなや、BIG Sizeコーナーに直行。

そこで感激した!


  3L、4L、5L・・・

    おおー、6Lまで置いてあるじゃないか〜〜!!


ズボンの生地は、足が細く見えるように黒いのを数本選んだ。

そして、試着室に向かった・・・ら、

チビ2人が付いてきたんだねぇ。

夕刻で人もまばらになった紳士服売り場。

オイラが試着室でズボン穿いてる間、

チビ2人はドアの外側で騒いでた。

近くに人もいないので迷惑掛けることもないだろう、

と思うと同時に、

これなら少々オイラが危険なギャグかましても問題なかろう、

とも思って、トランクス姿でドアを開けてやったんだ。


  バァーン!!


当然2人はオイラのトランクス姿を見て大喜び♪

同じくオイラも大喜び♪

「類は友を笑う」とはきっとこういうことなのだろう。

そして、もっと笑わせてやろうと思って、

今度は、パンツをずらし

半ケツでドアをフルオープンにした!!


  バババーーーーーーーン!!

   おら〜〜、これ見てみんかい〜〜〜!!


すると、そこには見知らぬ女性がひざまづいていた。。


  あの・・・

    すそはどのくらいにすれば・・・


店員さんだった。。

スゲびっくりした。。。


女店員:(真顔で)あの・・おしり出てますよ。

オイラ:はぁ、最近ゆるくなってて困ってます。

女店員:???????????????????


とっても意味不明の会話だった。

その一部始終を見ていたチビ2人は大喜びで叫び始めた。


  みなさーん、

   アソコに「こー門」出してる人がいますよ〜

    アフォがいますよ〜〜〜


「はずかしーから肛門って言うなぁ!」と言おうとしたが

店員さんにすそを測ってもらってる途中だったので

ひたすらガマンした。 変な汗がいっぱいでた。。

2人はその間ずっと叫びっぱなしだった。

普段はケンカばかりしてる2人だったが

こういうときには素晴らしいコンビネイションを見せる。

まるで、シンクロナイズドスイミングのコンビのようだった。

兄弟は、ときに強大な力を発揮するのであった〜


ズボンのすそ直しをしてもらってる間に

夕飯の買出しに。

その買い物中もずっとチビ2人がくっついてきて


  かたぐるま〜♪ 

    かたぐるま〜〜♪


1人の肩車が終われば、もう1人の肩車。

延々と続く肩車の時間。。

結局、1時間も肩車のしっぱなし。

2人は7歳と5歳、体重だって既にそうとう重い。

帰りは、首の骨が曲がって

前かがみのガメラみたいになってしまったよ。。

現在もまだ首がイタイっす。。


買い物から帰宅して夕食を済まし、

甥っ子たちは帰って行った。

オイラは、どっと疲れたと同時に静寂も感じたよ。

やっぱ、子供いない場所って寂しいもんだねぇ。

その後オイラはPM9:00〜次の日のAM10:00まで

昏々と眠り続けました。


そして連休最終日、17日。

これといって用事もなく、いざパチ屋へ・・・

行きたくないのにsorapaって人が、

「行け、行け」って言うから。

打った台は、甘デジ「ミニスカポリス」!


  お〜、あかねちゃ〜〜〜ん。


いざ打ってみると・・これ非常にウルサイ><;

リーチ中にパトランプが「う〜〜〜う〜〜〜」と

デッカイ音を出して周囲のみんなの視線クギ付け〜〜

1分間も鳴り響いて「はずれ。。」とか頻繁に発生。


  ナメとんかっ!(ばき)


もうイヤになって40分で退散、負け〜〜〜〜〜

あーぁ、行くんじゃなかったなぁ。。。


そして家に帰り、ナニしよっかなぁ〜、

って考えてたら、AM11:00〜PM10:00まで寝てた。

シンジラレナイ。。。

普段は気が張ってるせいか、睡眠障害なのか

こんなに長時間眠ったことはないのに、

一日の大半を寝て過ごすなんて・・・

自分でも驚いた。。

なぜでしょうかねぇ、、

2日間ずっとチビたちと遊んだからかもしれんなぁ。


こうして連休の3日間を遊んで過ごしましたぁ〜

いや〜、よく遊んだわ♪

虫もよく触ったんだけど。

虫のことは明日から少しずつ記していきます。


じゃまたね♪



有給取得率低迷:特別休暇の導入? 2008年08月20日
現在深夜4時〜!

火曜日と金曜日の仕事、キツーーーイ。。

またまたこの時間まで眠り込んでたよ。。

  バタンーっ、キュっ! Slept!


一日遅れになったんだけど

高校野球「大阪桐蔭」優勝おめでとー!

準優勝の「静岡常葉菊川」もよくやったよ。

点差はずいぶんと開いちゃった決勝戦になったけど、

それでも両Teamsの健闘を称えたい。

今年はオリンピックとかぶっちゃって

高校野球を見てる人は少なかったように思うんだわ。

オイラは高校野球を見てて思ったんだけど、

もう少し、試合の日にちの間隔を取ってあげればいいのに。

連日連日の試合じゃ最後には疲れてしまうぜよ。。

本来の力を発揮できずに甲子園を去ったTeamも

案外多いんじゃなかろうか。

不本意にも負けた子達がカワイソだなぁ、と思ってね。


今日は「特別休暇」についての記事です。

お盆休みをされた方にとっては休日が恋しいはず・・

ということで・・・


<有休より取りやすい!?過労防ぎ仕事に効果>


「住友電気工業」(大阪市)のエンジニア、玉租秀人さん(28)は

3月、奈良県で開かれた

「日本学生オリエンテーリング選手権大会」で

畝いボランティアをするため、

「積み立て有給休暇」を使って、平日の2日間を休んだ。

通常、2年間で失効する有給休暇を年間10日を限定として

最大50日まで積み立てられる制度。

これまで、取得理由を本人の病気、家族の介護に限っていたが、

昨年度からボランティア活動を加えた。

社会貢献献策の一環だが、

「仕事外での生活の充実は、社員のやる気向上につながる」

との狙いもある。


玉租さんは

「毎年、有給休暇が余った状態だったので、

 新制度を利用してみたかった。

 休暇を取り、学生時代から愛好している競技の運営に

 貢献できたことにやりがいを感じた」

と満足している。


職場では、少年野球を指導している同僚も取得を検討中という。

ボランティア休暇は、社会貢献に先天的な企業が

1990年代前半に相次いで導入した。

日本経団連が2年前、会員企業などを対象に行った調査では

約3分の1が制度化していた。

企業にとってのメリットについて、立命館大の前田信彦教授は


「社員が仕事外の活動を通して発想を広げることで、

 仕事への効果を期待できる。

 また、休養の時間を与えて、社員が過労などで心身の健康を

 害して休むことで生じる損失を抑える、という考え方もある」


と指摘する。

仕事と生活の調和を目指す

「ワーク・ライフ・バランス」に関心が寄せられる中、

家族のために休める環境づくりを模索する企業も多い。


「高島屋」(大阪市)は昨年1月、

子供の学校行事に出席するため年間2日間を上限に取得できる

「スクールイベント休暇」を新設。

週末が多忙な業界で、

「子供の運動会や授業参観のために休むのは気が引ける」

という社員や周囲の意識を改革することが狙いだった。

1年間で643人が利用した。


昨秋、孫が生まれる歳に3日間の休みが取れる

「孫誕生休暇」を設けたのが「第一生命」(東京)。

営業職を中心に、全社員の約3分の1を

50歳代以上の女性が占めるのだけに、

運用開始から2ヶ月で申請者が100人を突破した。


「2、3人目を出産する娘らのために、

 上の子供の面倒を見て喜ばれた、という声が多い」


と同社の担当者は言う。

一方、年次有休休暇については、

厚生労働省の「2007年就労条件総合調査」によると、

取得率は47%。

ほぼ100%の欧州諸国に比べ、低迷している。

労働政策研究・研修機構の小倉一哉・主任研究員は


「有給取得率が低い労働環境の中で、

 特別休暇が充実することは本末転倒との感は否めない。

 しかし、休みが肯定的に受け止められにくい日本の現状では、

 理由がはっきりした休暇の方が取りやすいともいえるので、

 休暇の促進に一役買うのではないか」


と分析する。


という「特別休暇」の記事でした〜〜

この部分・・・・・ 


「有給取得率が低い労働環境の中で、

 特別休暇が充実することは本末転倒との感は否めない。

 しかし、休みが肯定的に受け止められにくい日本の現状では、

 理由がはっきりした休暇の方が取りやすいともいえるので、

 休暇の促進に一役買うのではないか」


オイラも同じように思うんだけど・・・・・

有給ってあっても取りにくい人が大半なんでしょうねぇ〜。。

職場で「有給」なんて言ったら、

イヤ〜〜な顔されるんだろうなぁ、きっと・・・・・


ギラファケイスケイロンボクのセットしてました。

小ケイスにマットのみ。

タマゴが見えるたびにスグに回収する「韋駄天セット」!

セットして2日目にタマゴ出現。

そしてスグにタマゴ回収〜〜

2日間で10個のタマゴを回収完了〜〜

一日当たり5個の落卵、うげげげげ。。。

ケイスケギラファ、おそるべし。。。


しかし、回収後一日目で3個のタマゴがマックロに。。。

二日目には、さらに4個のタマゴがマックロに。。。

今回♂親は羽化後2ヵ月半、

後食後1ヶ月の個体を使用しました〜

さぁ、これでお分かりになられると思うんだけど、

♂は完全に未成熟〜〜、、お、お、お、。。

小型の♂だし何とかなると思ったんだけど、こりゃダメぽん。

もう1頭の♂の成熟を待つことにした。

追いかけして再挑戦しよ。


昨年採ったギラ幼生、最後の♂も羽化してた。

エサ交換のShockによってビンフタのスグ下で蛹化。

幼生時に大きかったから期待してたんだけど

こんな場所で羽化したら、すべて、ぱー。。

それも再生不能の不全で羽化しました。とても治療できない。

踏んだり蹴ったり。。。

当然サイズは97mmとカナシイ結果。。。

100mmは超すと思ってただけに残念だわ。。。

あと3ミリに泣いた3●歳の夏であった〜〜。。。


じゃまたね〜



食Shock:ふりかけ好調 2008年08月21日
現在深夜0時半〜!

これ・・・

もうご存知だと思うけど・・・


<ビッグマック320円:ポテトのM250円>


日本マクドナルドはハンバーガーやポテトなどの価格を20日から、

全国平均で2.5%程度値上げすると正式に発表した。

単品メニュー全体に占める値上げ商品の割合は約6割に上る。

原油や小麦などの価格高騰で、

2008年度の原材料費用が前年度より10%増、

約100億円上昇するためと説明している。


マクドナルドは07年6月から地域別価格を導入しており、

東京、大阪、京都、神奈川の4都道府県では、

「ビッグマック」を10円値上げして320円、

「フライドポテト(Mサイズ)」を

10円値上げして250円などとする。


という記事なんだけど、ポテトMが¥250とは嘆かわしい。

オイラには痛い出費になりそうだわ。。


今日から、「食Shock」シリーズです。

みなさんの生活に直接関わる「食」の話題です。

どうぞ〜〜〜


<レトルトカレー、ふりかけ:「ご飯のお供」好調>


小麦高騰でコメ回帰?

レトルトカレーやお茶漬けのもと、ふりかけなど、

ご飯にかけてたべるインスタント食品の売れ行きが好調だ。

小麦価格の高騰でパンや麺類の値上げが相次ぎ、

割安感の出たコメの需要が増えていることが背景にありそうだ。


カレールー最大手、ハウス食品のレトルトカレー出荷量は

4〜6月、前年同期に比べて約2割増えた。

主力商品「カリー屋カレー」の伸びは3割を超えている。

ハウスは

「即席めんが1月に値上げされたため、

 価格に敏感な消費者が移ったのでは」とみている。


永谷園のお茶漬けのもとも、

2月に投入した初の朝食専用商品「朝のお茶漬け」が好評なこともあり

2〜6月の売上高が前年同期比で2割増えた。


ロングセラー「のりたま」で知られる丸美屋食品工業では、

ふりかけの売上高が1〜6月で1割増加した。

外食産業の値上げが相次いだ3月以降に急増しており、

自宅の食事が増えたことをうかがわせる。


大手スーパーのイトーヨーカ堂では3〜6月、

コメの販売量が1割以上増えている。

ただ、競争激化のため、油など原材料価格の上昇を

製品に十分転嫁できない場合もあり、

一部中小メーカーからは

「出荷数量が増えても利益が確保できない」との悲鳴も聞かれる。


というDataでした。

そういえばオイラも「ふりかけ」をよく買うようになった。

ウマイんだよね、ふりかけ♪

アツアツごはんに、さらさら〜〜〜♪

オイラのお気に入りは

「緑黄色野菜ふりかけ」と「アンパンマンふりかけ」だ。

このアンパンマンふりかけなんだけど、けっこうウンマイ♪


メンガタメリーの♂1(1月羽化?)と

♀2(昨年12月羽化)がお盆前の同日に活動開始しました〜

こんなこともあるんだね、ビックリしたよ。

ちなみに気温は26℃、

湿度も前日に比べそれほどの変化があったとは思えなかった。

メンガタは冬に温度をかけようとかけまいと

ほとんど羽化後半年で活動始めることが多いんだけど、

これほど同時に活動を始めたことはなかったので

何らかの要因があるんじゃ?と模索してみた。

しかし、全く気付く部分はなかったです。

単なる偶然なのだろうか・・・・・


活動と同時にスグ交配した。

白眼♂を♀の近くに置くだけで、

♂はピクピクしながら♀に近づいていく。

そして♀を抱え込み、

優しく串刺しにして15分くらい交尾。

交尾を終えた♀はスグにセットに投入。

採卵セットは、小ケイスにボロマットを薄く敷いて

ボロ材1本を転がしておいた。


2日後、材を確認してみると多数の噛み痕が出現。

このメンガタの産卵風景は、ファーブル写真館に掲載してます。

噛み痕をほじってみると8個のタマゴが出てきました〜

一日平均4個ってとこです。

タマゴはすべてティッシュカップに取っておいたんだけど

どうやらギラファと違って順調に成長してる模様です。

これは販売に出せそうです、ほしい人いないかなぁ。

親♂は白眼なんだけど。

メンガタは現在継続セット中。

現在さらに噛み痕が増えてる模様です。

ある程度採ったらセットから出そうと思います。

無精卵だけは勘弁してほしいなぁ。


お気楽ママさん、メイルしたよ。

返信待ってます〜


Sさん、お問い合わせいただきありがとう。

お力になれなくてスミマセン〜〜


じゃまたね♪



食Shock:パンよりご飯?? 2008年08月22日
現在深夜1時!

オリンピックに思うこと・・・

ソフトボール金メダルおめでとー!

劇的な金メダルでしたねぇ。

みなさん、よくやったです。

他の競技でメダル獲れなかった選手もよくやったです。

あと数日でオリンピックも終わりかぁ〜


陸上のボルト選手ってスゲ速く走りましたよねぇ。

あれだけ速く走れるなら

日常生活でチャリとか必要ないんだろうな。

まぁ、本気で走ったらオイラの方が速そうだけど・・・

フッ!勝った!


シンクロナイズドスウィミングなんだけど、

あのマブタの化粧は何とかならないものでしょうかねぇ。。

ちょっとキモチワルイかもしんない。。

マブタ青すぎるぞ。。。 コワイ、、あぅあぅ。。。

妖怪人間ベラみたいだ。。。

あと、シンクロの入場時の歩き方も勘弁してほしいな。。

まるで、昔のネジ巻きロボットのようだわ〜

ギィーーコギコ!!

普通に歩行した方がいいように思うんだけど。

あ、別にオイラは

シンクロ選手の股間をガン見したりしてません。

水泳や体操選手の股間もガン見したりしてません。

オリンピックは、そんなスケベ心で観てはいけませぬ〜〜


今日も「食」の話題です、どうぞ〜〜


<パン食減らしご飯を増やす>


「小麦価格上昇の影響でパン食が減っている」。

今年1月〜6月に一般家庭の主食メニューを調べた

NTTデータライフスケープマーケティングの原田春樹さんは、

日本人の食卓に現れた変化を実感した。


首都圏の360世帯が半年間に食べたメニューは、

ビーフカレーとお茶漬けが前年同期より26%増え、

おにぎりとちらしずしがともに11%増。

逆にフランスパンが20%減、バターロールは13%減、

しょうゆラーメンは9%減だった。

値上がりしたパン類が敬遠され、

副食のいらない一品完結のご飯メニューが増えた。


6月の消費者物価指数で食パンは前年同期比で18.5%上昇した。

東京都品川区の主婦(32)は

「最近は小麦を使った食材はなるべく買いたくない気分」という。

以前の朝食はほとんどがパンだったが、

今では週の半分はご飯とみそ汁だ。


海外市場で小麦価格は06年から08年にかけて

2.7倍以上に上昇した。

パンの価格を左右する国内の業務用小麦の価格は昨秋、

25キログラムあたり110円〜180円程度上がった。


盛岡市の老舗パン店「福田パン」は小麦価格上昇のあおりで、

6月から店頭のパンを値上げした。

ただ、パンに塗るバターがあまりにも高いため、

マーガリンに切り替えて値上げ幅を10円低く抑えた。


パンの味は若干変わり、

35年以上前に発売した売れ筋商品の「あんバター」は

「あんマーガリン」に名を変えた。

福田潔専務(39)は

「バターの価格が落ち着けば早く元に戻したい」と話す。


森永乳業などは今年の春以降、

家庭用と業務用バターの販売価格を10%前後値上げした。

ただ、原料の高騰や生産量不足で全国的に品薄となり、

小売店はバターを売りたくても売れない状態にある。


大手スーパーのライフコーポレーションは4月から、

首都圏店舗の売り場に品薄のおわび文を張り出している。

東京都北部の店では入荷2日後には売り切れる状態が続いており、

1人2箱までの販売制限を随時、実施している。


厚生労働省の毎月勤労統計によると

労働者の月給(定期給与)はここ数年、26万〜27万円で横ばい。

消費者は当然、より安いモノを選んで生活防衛を図る。

小売店は仕入れ価格の上昇との板挟みになる。


東京・世田谷区の商店街にある駄菓子店は最近、

仕入れ値の上昇に伴い、1個30円のすもも漬けを40円に、

20円の魚肉練り菓子を30円に値上げした。

週3日は来店するという小学4年生の男児は

「買える数が減っちゃった」。

値上げ率は33〜50%だから愚痴も出る。

女性店主は

「値段で子供に文句を言われることが多くなった」と苦しい表情だ。


大手流通各社は、大手メーカー品に比べて安価な

自主企画商品(プライベートブランド=PB)に活路を見いだす。

セブン&アイ・ホールディングスが3月に発売した

PBの食パンはメーカー品より3〜4割安いため、売れ行き好調だ。


消費者も小売りも、

激しい値上げの波を様々な工夫で乗り越えようとしている。


という記事でした。

消費者にとって、廉価の製品って魅力的ですよね。

上記記事を見ると

多くが「パン」より「ごはん」って傾向が出てますね。

みなさんのご家庭も、ごはんに移行してるんでしょうかね??


ニジイロ幼生用のカワラ菌糸ビン750mlを8本作製。

ニジは、1本目は9月にビン投入、

2本目は12月にビン投入、あとは羽化まで放置の予定。

これで♂55mm〜、♀37〜が揃うから結構楽ちん♪

今回はサイズUPを狙ってダルマタイプのビンで飼養してみる。

目標は、♂63mm、♀42mmかなぁ。

♀の大きいのを作ってみたい気がするんだねぇ。


じゃまたね♪



食Shock:冷凍食品値上げ 2008年08月23日
現在深夜0時半!

きっつー、、

金曜日の仕事、きっつーーー。。

だから昨日はそうそうに仕事を切り上げて帰ってきたよ。


ふぅ、、お盆が過ぎて、

朝夕がずいぶん涼しくなってきましたねぇ。

昼間は相変わらず暑いけど・・・

こうして少しずつ秋に落ちていくんでしょうねぇ。

秋=落ちる季節Fall・・・

この音、ちょっといい響きかもしんないな。


今日も「食」の話題です、

どうぞ〜〜


<冷食実質上げ:味の素5品目>

味の素冷凍食品は、冷凍食品5品目の内容量を

10月4日から平均5%減らし、実質的に値上げすると発表した。


原材料の魚のすり身や牛肉、

油脂などの値上がりを理由としている。

このうち3品目は、具材の牛肉の一部を鶏肉にするなど、

原材料変更も行う。


という冷凍食品の値上げのNEWSでした。

そして、これらの値上げに対する政府の方針は・・・


<悪化の衝撃を和らげる対策を>


景気動向指数戦後最長の景気拡大に、とうとう終止符が打たれそうだ。

内閣府は6月の景気動向指数に基づく基調判断を

「悪化」に下方修正した。

これは、「景気後退の可能性が高い」ことを示す表現だ。

景気は、


  「踊り場」から回復せず、

     すでに後退局面に入っている公算が大きくなった。


景気悪化の痛みを和らげつつ、

日本経済を成長軌道に戻すにはどのような手を打つべきか。

福田改造内閣は、さっそく経済政策の手腕をと問われる。

政府は総合経済対策の骨格をまとめ、

今月中に具体的なメニューを決める方針だ。

ただし、大型の減税や公共事業を打ち出せる財政状況にはない。

「ばらまき」は効果が薄いことも経験済みだ。

限られた財源で友好な対策を打たねばならない。

そのためにも、景気悪化の原因と現状の分析が重要となる。


第一の原因は、

原油や穀物をはじめ原材料の輸入価格が大きく上がったことだ。

農林水産業や運輸など、

燃料高の影響を受けやすい業種が大きな打撃を受けている。

コスト高は企業の利益を圧迫し、賃金も低迷している。


   家計の収入は増えていないのに、ガソリンや食品、

    日用品など身近な商品が大きく値上がりしたため、

       個人消費が冷え込んだ。  


サブプライムローン問題等による海外経済の変調も大きく影響している。

米経済の減速で、日本の輸出に急ブレーキがかかり、

生産は頭打ち傾向だ。

設備投資の意欲も減退してきた。


金融市場の混乱による金融機関の損失拡大を背景に、

中小企業などへの貸し渋りも心配される。

原油高をはじめ、海外発のショックが景気悪化の引き金となった。

まずは、これからの衝撃を弱める手当が急がれよう。


原油高対策では、

総額745億円の漁業者向け緊急支援が決まったばかりだが、

総合経済対策に向けて、ビニールハウス農家への燃料補助や、

高速道路料金の引き下げなどが検討されている。


政府系金融機関による中小企業への融資拡大など、

金融面での目配りも欠かせない。

ただし、燃料代の補助など、「一時しのぎ」の面が強い対策ばかりでは

燃料節約などの自助努力を帰って阻害する欠点もある。

緊急性と効果を厳しく精査すると同時に、

省エネ促進や流通段階の高コスト改善など、

日本経済の体質強化につながる工夫を、ぜひ盛り込んでもらいたい。


という記事でした。

戦後最長の景気上昇もこれで終わり。

身近な商品の値上がりによる個人消費の落ち込みで

今後の日本は「さむ〜い」状況に陥る可能性「特大」!!

今後、Homeなど、

大きな買い物をされる方はよくお考えになられてください。

ボーナス減ったり、

さらにはリストラなんてことにもなりかねないから。

オイラのとこも他人事じゃないな、、、

どうか倒産しませんように。。。。。


ババイオウゴン♀2・・・

ぜんぜん産んでくれないな、、

もう羽化して1年近く経ってるから、しょーがないんだけど。

最後に、大嫌いなレイシ材を使ってみようと1本加水しておいた。

どうせダメだと思うんだけど。

コンテナ大ケイスに、♀2とレイシを入れてみる予定です。

交配は完全にできてるんだけど、♂の元気がなかったらねぇ。

オウゴンは♂の影響が非常に大きい種だと思う。


ローゼンオウゴン♀が亡くなられました。

5卵ほど産んだんだけど、残った子孫は「0」。

これにて、ローゼンは終了です。

モセリはたくさん採れたんだけどね。


じゃまたね、もう寝よ。



医療のお話:医師不足の解消法? 2008年08月24日
現在深夜4時!

昨日、早朝・・・

久々に早朝の散歩に出かけたんだけど、

電灯の下で多くのセミの死骸や弱ったセミを目撃。

急に気温が下がってセミの寿命がきたんでしょうねぇ。

弱ったセミは、1匹ずつ手に取って

近くの枝につかまらせてあげたんだけど

もう木にしがみつく力のない個体もいて

見ててけっこうカナシイ思いをしたんだねぇ。。

数日前まで、あんなに大声で鳴いてたのに。。


クワガタのように

案外長い時間を生きるマラソン選手のような虫もいれば

セミのように、生体になってから

一気に夏を謳歌して静かに1人で命を終える

そんな寂しい100M走選手のような虫もいて

これ・・・人の生涯にまた似たり。

セミって花火のような存在のようにも思えるのは

オイラだけなんでしょうかねぇ。

綺麗に開いてるときには周囲の視線を釘付けにするが

いざ散ってしまえば見向きもされない。

そんな夏の象徴「セミ」にオイラは感謝してるんだねぇ。。

・・・・・眠いときにはウルサクテしょーがないんだが。。。


今日から「医療のお話」です。

いろんな記事を集めてみました。


<増員だけでは10年かかる>


医師不足を解決するには、相当に思い切った対策が必要だろう。

厚生労働省がまとめた「安心と希望の医療確保ビジョン」を

具体化するための有識者会議が発足した。

厚労省は新ビジョンで、

医師の養成数をこれまでの「抑制」から「増員」へと方針転換した。

医学部の入学定員を現在の約7800人から、

どこまで増やしていくのか。

有識者会議はまず、これを明示する必要がある。


医師数の抑制方針がとられる以前は、

最大で年間8300人医師を養成していた。

ピーク時の水準までは早急に回復させるべきだろう。

その上でさらに増員するのだろうか、展望も示さねばならまい。


だが、医学部の入学者が

一人前の医師になるまでには、10年程度かかる。

増員計画と同時に、即効性のある対策も不可欠である。


喫緊の課題は、新人医師の臨床研修制度の改善だ。

かつて新人医師の大半は、大学病院の医局で研修していた。

しかし、専門分野に偏った医師が育つ弊害が目立ったために、

一般病院でも研修できるようになった。

若い医師に幅広い臨床能力を身につけさせるという、

制度の目的は理にかなっている。


ところが、研修医が予想以上に減って人手不足となった大学病院が、

自治体病院などに派遣していた中堅医師を引き揚げた。


    これが急激な医師不足現象の大きな要因である。


研修医の多くは都市部の病院を研修先に選び、

医師偏在に拍車もかけつつある。

これを改めるには、研修先の選択方法に工夫が求められる。

各都道府県に満遍なく研修医が配属されるような定員調整が必要だ。


また、これまで大学の医局に医師派遣を頼ってきた自治体病院に対し、

必要な医師を配置する仕組みや組織作りも重要である。

有識者会議は、診療報酬の在り方にも踏み込んでもらいたい。


今日の医師不足は、言い換えれば「勤務医不足」だ。

総じて勤務医は、開業医よりも収入が低く、

長時間勤務で医療に従事している。

産科や小児科、救急など、昼夜を問わず診察を求められる部門は過酷だ。

耐えかねた医師が開業医に転身している。


現状に歯止めをかけるには、

勤務医向けの診療報酬を大胆に手厚くする必要があろう。

開業医が交代で病院の夜間診療を応援する、

といった取り組みにも、大いに報いるべきだ。


   本当に必要な医療に、財源を集中することが重要である。


という医師不足についての記事でした。

だってさ、sorapaさん、

これが新聞社の意見だそうです・・・

やっぱ、異見だらけかな・・・これでいいのだろうか・・?


以前、カラッポの卵室をたくさん作った

ハスタートノコの♀をもう一度マットのみでセットした。

ダメだとは思うが、

どうしてもこの時期に幼生がほしいんですよねぇ。


昨年採った最後の♂幼生も最近羽化しました〜

確か60mm代の中サイズだったが、通常個体より

ずいぶんと「太」かった!!

アゴは短いが相当太い。

この幼生はサナギ時以外は、ずっとマットに潜らずに

表面で生活してきたんだけど、

この状態にすれば太いのが生まれるのかもしんない。

非常に、不恰好な♂なんだけどねWWWWW♪

この♂・・・早く成熟してほしいなぁ・・・

このままじゃ11月くらいに採卵する羽目になって

非常に困るんだねぇ。。。


クビ痛いから寝よ、じゃまたね。



医療のお話:自己犠牲と尊敬との美しい循環 2008年08月25日
現在深夜2時!

TOP写真交換しました〜

終戦記念日からずいぶん経ったし、

はだしのゲンの写真をもう貼っておけなかったので、

急いで不二子ちゃんとビプラギァトゥスノコで作ってみた。

急いで作ったんだけど、けっこうキレイでしょ〜


 ふたり〜だけの〜 夢を〜見ましょ〜♪

  オゥ プリーズ〜

   メイク マイ ドゥリーム カムトゥル〜♪


夢が叶いますように〜、かぁ〜〜


今日も「医療のお話」です。

オイラはこちらの記事に大いに賛成です。


<医療崩壊>


「一人の勤務医として、

 日ごろ感じていることを率直に言いますと」


というメールを、大阪の外科医からいただいた。

「医療崩壊」について、

様々な対策と共に、財源を考えることが大切と書いた。


外科医は、崩壊の原因として、

そのほかに「医師の意欲の低下」があると強調する。

過酷な勤務に加えて、リスクを含む医療の結果で

司法上の責任を問われることが

救急医療や外科、産科、小児科の医師の「やる気、元気」をなくし、

現場での医師不足を引き起こすという。


    増加が指摘される勤務医の「立ち去り」である。


その背景として外科医が挙げるのは、

専門家の権威の喪失だ。 


劇作家の山崎正和さんは以前、

「素人優位、専門性軽視の風潮」を批判した。

現代の教師、医師、官僚らの権威の低下を取り上げ、

そうした職業に就く「高貴なる者の責任」の自覚は、

「その高貴さを社会が敬うことで支えられている」と書く。


   献身への敬意を社会が欠けば士気は保てまい。


外科医は、


「ありがとうという言葉が、我々を支えています。

 患者さんのほとんどは今もそうですが、

 そうではない風潮が、

 ぎりぎりで持ちこたえている医師の気持ちを途切れさせる」


という。


「自己犠牲と尊敬との美しい循環」は、

どうすれば広がるか、考えたい。


という記事でした。

「素人優位、専門性軽視の風潮」

「自己犠牲と尊敬との美しい循環」

上記、その通りだと思うけど。

なんだか近年は

「言わなきゃ損、損」なる風潮が蔓延してるように思えるよ。

「言うと損、損」になることの方が結果多いような気がするが。

やっぱ「尊、尊」がいいと思うけど。

こちらのBBSによく書き込んでくれてるsorapaさんは

仏の後光に包まれてるし、触角ついてるし・・・?


お医者さんだって人だし、

メチャクチャ言う患者には

当たり障りないことしか言われないと思う。

患者側は、せっかくいい事を訊ける機会があっても

教えてもらえる機会を自分で潰してしまってるんじゃないかなぁ。

オイラはいつも最初と最後に

アタマを下げてニッコリ一礼してます。

オイラはこのまま「言わなきゃ損、損」の風潮が続いて

「自己犠牲と尊敬との美しい循環」が損なわれ

「素人優位、専門性軽視の風潮」が勢いを増していくなら

医師側は・・・


「そんなこと言うならここに来るな。

 よそに行ってちょ」


と患者側に言われてもいいと思うけど。

これで「自己犠牲と尊敬との美しい循環」は保たれると思う。

マスコミュニに登場する悪医師はほんの一部であって

大多数、ほぼすべての医師の方は善人だと思うから。

マスコミュニに流され

「医者はみんな悪いことばっかしやがってよ〜」

なんてことを言われる方を見ると嘆かわしくなる。

これが事実なら医療訴訟で裁判所がパンクしてるはずだから。

ちょっと考えれば分かると思うけど。


そうそう、1つオイラには疑問があるんです。

それは、病院からの帰り際・・・


  おだいじに〜〜〜〜〜


の、あの挨拶言葉・・・

あれはいかがなものでしょうか・・・

なんだかねぇ・・・心がこもってない感じがする。

もっと他の言葉の方がいいんじゃないかなぁ、

病院側と患者側の心通わす良きWord・・・


「じゃまたね!」

  これじゃ、また来いよ、みたいになるね。


「さようなら〜」

  これじゃ二度と来るなよ、オメー、みたいだな。


「See You Again!」

  こんなこと言われたらブチ切れるかもしんない。


「お気をつけて」

  ・・・こんな感じかな。


オイラが一番いいと思ってるのは

「帰り際にお互いの顔面を見つめ合って固く『握手』!!」

これっきゃないぜ!!

言葉なんかいらないのさ!! 以心伝心〜〜〜♪

明日に続く〜〜〜


ケイスケギラファを同居させた。

以前、無精卵を産んだ♀と羽化後3ヶ月の♂。

大ケイスに割りカスを敷いて♂♀をポン!

♂のアゴは縛らずに入れた。

♀殺しが多いと聞くギラファなんだけど

オイラのとこでは一度もこんな事故は起こったことがない。

とっても仲良し「おしどり虫婦」!!

採卵セットはもう作っておいた。

小ケイスにマットだけ。


性懲りも無く、またマレーアンテをセットした。

数の採れないマレー産の極太アンタエウス。

現在幼生は5頭しかいないんだねぇ。

これでもマシな方なんだけど。

ヒマラヤ系やシナ系のようにポコポコ産まないのが

この種のちょっとした魅力ではある。

あと5体産んでほしいんだけど、無精卵は勘弁ちょ。。


販売コーナーに

メンガタやヘルマンミヤマ、タランドゥスなど追加しました〜

採卵の様子は、また後日〜


お気楽ママさん&長野の方、

昨日発送させていただきました。

到着は本日の午前中です〜

涼しいし、無事にお届けできると思うんだけど〜

無事に届くといいなぁ。


じゃまたね。



医療のお話:胃ろう入所 2008年08月26日
現在深夜3時!

昨日、納涼祭「盆踊り」があったんだけど・・・

昨日の昼のこと・・・


オヤジ:オマイ!「盆休み」行くんか!?

オイラ:「盆休み」はもう終わったでしょ。

オヤジ:アフォかい!?今日が「盆休み」の日やろがい!

オイラ:・・・なぁ、それ「盆踊り」のことじゃないのか??

オヤジ:・・・ドッチでも意味分かるやろーがぁ!ヴォケ!!


ドッチでも、って・・・

ワカラン、ワカラン、、分かりません〜〜〜

どうして素直に「間違った、ごめん」が言えないんでしょうかねぇ。

別にいいけど、、オッサン元気なら。


昨日の夜に、ちょっとだけ盆踊りの様子を見に行った。

そこでは、オイラが20代の時に、いろいろ教えてもらってた

○○党の○○議員さんが気持ちよくカラオケしてた。

ソッコーで逃げた。

やば、、せっかく○○党から離れたのに・・・

もうこれらの方々とは関わりたくないんだねぇ。。

恐ろしや、、政治の世界・・・


今日も「医療のお話」です。

このお話を読んだとき、スゴク悲しくなったです。

ゆっくり読んでみてください、泣くよ。。。


<「胃ろう」入所の足かせ>


「戦争や戦後の苦しい時代を過ごしてきた世代の親が、

 なぜこんなひどい仕打ちを受けるの?」


1DKのマンションで、87歳の母親の介護をする

愛知県の女性(57)は、そう憤る。

母は脳梗塞のために寝たきりで、意思の疎通ができない状態だ。


2006年、母は4か月入院した病院から退院を求められ、

長期入院が可能な療養病床を探すことになった。

当時、鼻から胃に通した管で栄養を取っていたが、

腹部に空けた穴から栄養剤を入れる「胃ろう」を作った。

病院から


  「療養病床に受け入れてもらうために必要」


と勧められたのだ。

高齢になると、ものを飲み込む機能が落ちる。

特に脳梗塞などになると、食べ物が誤って気管から肺に入り、

肺炎を起こすことも少なくない。

こうした患者にとって、

鼻からのチューブ栄養は簡単に挿入できる利点があるが、

患者が自分で引き抜いて食べ物が肺に入り、

肺炎を起こしてしまうことがある。

母が胃ろうを付けたのは、こうした危険性が少ないからだ。

女性は、療養病床がある病院のリストを病院から渡され、

36ヵ所に電話した。

ところが、どこも「満床」と、入院を断られた。

次に、介護が必要な高齢者のための老人保健施設数十箇所に当たると

今度は


  「胃ろうを付けている人は、管理が難しいので入所できない」


と拒否された。

胃ろうへの栄養剤注入や器具交換は、医師や看護士が行う「医療行為」。

施設の介護職員は行えない。

このため、医師や看護士が少ない老健施設では、胃ろうの患者を断ったり、

受け入れ人数を制限したりする場合が少なくないのだ。

住宅療養では、胃ろうへの栄養注入を家族が行うことが認められており、

女性は在宅に切り替えた。

利用している介護サービスは入浴剤介助だけでほぼ一人で母を介護する。

たまには老健施設の短期入所を利用して母を預け、心身を休めたいが、

胃ろうが原因で、短期でさえ受け入れ先が見つからない。


    国は、35万床ある療養病床を、

       2012年末までに半減する方針だ。


高齢者に退院を促すなら、栄養注入を行うことを介護職員にも認めて

老健施設の機能を強化したり、

在宅介護サービスを充実させたりする必要がある。


という記事でした・・・・・

悲しすぎて今日はコメントできません。

年を取るにつれて苦しみが増える社会に・・・


  なげかはしきこと かぎりなし・・・

    こくみん はなはだ こんきゅうす・・・・・

      いとかなし いとかなし。。。。。


インドグランディスのセット中のナラ材にニッパを入れた。

2週間セットで材はボロボロだったんだけど。

4個くらいにタマゴが出てくるかなぁ、と思い割ってみた。

結果、3個のタマゴを回収〜〜 Good!!

インドグランは、こんな採卵を繰り返し

数はずいぶんと揃ってきた。

今年の分は、もう十分確保できました。

次の採卵個体から販売に出せそうな感じだわ。

しかし、このインドグランなんだけど、

妙にタマゴの孵化率が低かったりする。

今回のタマゴ・・無事に孵化しますように〜〜

♀には現在、高栄養価のエサを食べてもらってます。

しばしの休息だわ♪


しかし、インドグランは良しとして、

ベトナムグランの♀が1頭天に召されました。

享年、1歳・・・

来年は取り置きのもう1頭の♀の産卵に期待することにしよ。


じゃまたね。



医療のお話:患者の最期の意思は 2008年08月27日
現在深夜2時!

昨日の朝・・・


  ド、ド、ドン、ドン!!

   早く起きろーーーーー!!


甥っ子2人の登場〜〜、ヒ、ヒ、ヒヒィーー><

さっき寝たところなのに・・・


オイラはチビ2人の10分間にも及ぶ

「起きろ起きろ攻撃」に耐えました。

寝たふり〜 寝たふり〜 起きてるのバレてるけど〜


   ヤッタ!勝ったど!!


しかし・・・

嵐の去った後、何やら顔面に違和感を覚え、

そっと顔を触ってみると、つぶつぶつぶ・・・

起き上がって鏡を見ると、昨日までに無いホクロが多数。。

それらは「スイカの種」でした。

どうやらチビ2人は、

スイカを頬張りながらオイラを起こしてた模様です。

顔面「修羅場」とは、きっとこのことを言うのでしょう。

こういうわけで、今回の勝負は「引き分け」に相成りました。

きちゃないなぁ、、もう。。。


今日も「医療のお話」です。

これもまたずいぶんと悲しいお話でございます。


<「延命」患者の意思は・・・>


「両親の最期の姿を思い出すたび、思わず涙が出ます」。


2001年夏、

長野県に住む母親が、脳梗塞で倒れた。

入退院を繰り返す母のもとに通い、看病を続けた。

2004年秋頃、意識がなくなったと連絡を受けた。

病室に着くと、変わり果てた母親の姿に息をのんだ。


 点滴など、多くの管が体中につながれている。

  手は野球の「グラブ」のように腫れ上がり、

    ひざから下は「丸太」のようになっていた。


母の細く小さな手を思い出し、涙がこぼれた。

1ヶ月後、むくんだ姿のまま、79歳で息を引き取った。


母は、明治生まれの祖母を自宅で20年以上も介護していた。

91年、96歳だった祖母が

危篤状態になった時の様子は、今も鮮明に覚えている。

親族が枕もとに集まる中、

苦しそうなときは抱きかかえて背中をさすり、

ガーゼを口に当て水分をふくませると、呼吸が穏かになった。


   それを繰り返し、翌日、静かに亡くなった。


枯れ木のようにやせてはいたが、きれいな死に顔で、

合掌させた手は柔らかだった。


「自宅で子や孫たちに囲まれて旅立った祖母の死こそ、

 人間本来の最期の姿」。


母親の最期と比べ、そう確信する。


栄養管理に詳しい南大和病院(神奈川県大和市)院長さんによると、

高齢者が衰弱すると、心臓や腎臓の機能が低下し、

栄養状態も悪化するため、全身がむくみやすくなる。


「これを考慮し、点滴による栄養の量を減らせば問題はないが、

 多すぎると不自然なむくみが生じる」


山口県の特別養護老人ホームに勤める介護職員(52)は、

次のような体験をメールにつづった。


入所していた80歳代の女性が脳梗塞で危篤になり、

県内の病院へ。

関東地方に住む長男は


「2日後に帰省する。それまでもたせてほしい」


と延命治療を希望、病院で人工呼吸器が装着された。

2日後に病院に来たが、5日たっても、

母は意識不明のまま、呼吸器につながれている。


「どうしたらいいでしょうか」。


この状態がいつまで続くのか、長男は困惑顔で職員に相談しに来た。


「人工呼吸器は1度付けたら外せない、

 と事前に伝えたのだが・・・」


と職員は振り返る。

数日後、母親は亡くなった。


    どんな最期を迎えたいか、

       日ごろから家族で意思を確認しておきたい。


という医療の記事でした。

もうね、、、泣けてきた。。。。。

「どんな最期を迎えたいか・・・」

確かに話し合っておくべきだと思う。

オイラの棺おけには、虫さんをたくさん入れてください。


昨日はレギウスの採卵ビンをほじってみた。

初令が出てきたよ、1頭だけ。。。。


  なんじゃコリャァーーーー!! \( ̄。 ̄)/フォー


現在、まだ2頭の幼生しか確保できていないレギウス。。

最初に採った1頭は、もうスゲ大きくなってる。

3ヶ月でクルビやタイワンの終令くらいの大きさになってる。

菌ビンは1ヶ月おきに交換してます。

コノシュハヒジョウニメンドッチィカモシンナイ。。

羽化まで5本〜6本の菌ビンが必要になりそうだわ。。

ふぅぅ。。。

♀は現在カワラ採卵ビンに投入中です。

あと4頭くらい産んでほしいもんだわ。


じゃまたね。



医療のお話:まだまだ怖い熱中症 2008年08月28日
現在深夜1時半!

もうすぐ8月も終わり。

暑かったですね〜〜

ちょっと、この記事読んでみて。


<暑かった7月、電力量2番目:7月としては最高>


大手電力会社10社が7月に発電・受電した電力量を発表した。

前年同月と比べ9.5%増の約941億2000万キロワット時で、

1か月あたりの電力量としては、過去最高だった。

07年8月に次ぎ、7月としては最高を更新した。

各社の本店がある10都市で、

7月平均の最高気温が平年と比べ

0.8〜3.1度厳しい暑さとなり、

冷房需要が急増したためと見られる。


どうですかねぇ、

過ぎたこととはいえ、今年は7月が暑かったですよねぇ。。

8月はずいぶんと涼しいのにね。


今日も「医療のお話」です。

まだまだ昼間は暑いから「熱中症」のお話です。

どうぞ〜


<猛暑の夏を乗り切るには>


暑さで人が次々に倒れて病院に運ばれ、時に死に至る。

この時期、「熱中症」には要注意だ。


気象庁によれば、猛暑は、8月いっぱい続くという。

なんとか無事に、この暑さを乗り切りたい。

各地で熱中症患者が多発している。

救急搬送された患者の数は7月、多くの地域で前年を大幅に上回った。

東京都内ではいずれも200人以上と、

それぞれ前年の4倍以上にのぼった。 

最大の原因は、7月の急激な気温上昇だ。

例年なら熱中症の「本番」は8月だが、

今年は梅雨明けから一気に暑くなり、

都市部を中心に最高気温が35度以上の「猛暑日」と

最低気温が25度以上の「熱帯夜」が続いた。


     心身を休める間もない。これではもたない。


熱中症は、体温の調節機能が低下して起きる。

発汗、血液循環という体内の熱を放出する仕組みがうまく機能しなくなる。

炎天下の屋外だけではない。

屋内でも、風通しが悪く、熱がこもると、熱中症になる恐れがある。

血液の巡りが悪くなれば、めまいを感じる。

発汗が止まらなくなれば、体内の水分、必須物質が失われ、

筋肉がけいれんしたり失神したりする。


     死亡例も多い。


少ない年で数十人、多い年で500人以上が亡くなる。

暑さに弱い幼児や高齢者のほか、

男性では、外で活動することの多い10代、

体力が衰え始める50代前半にも犠牲者は多い。

症状が出たら、まずは体温を下げる。

暑さで倒れたのなら、涼しい場所に移して、

衣服を緩めたり水をかけたりする。

水分、塩分も補給する。

重症なら医療機関へ急いで運ばねばならない。


予防も大切だ。

屋外では日陰を歩く。

屋内にいるなら、風通しを良くする。

水分は十分に補う。

夜は良く休み、疲れをためない。


環境省が発表している「暑さ指数」も参考になる。

気温や湿度などから、

熱中症が起きやすい気象条件かどうかを3時間刻みで、

「警戒」「注意」などの5段階で公表している。

ただし、インターネット経由でしか見られない。

もっと広く活用してもらえるよう、

情報提供の在り方を見直してはどうか。


都市部が以上に暑くなる「ヒートアイランド」対策も

中長期的には重要だ。

ビルが増え、道路舗装が進み、都市には熱がこもる。

政府や関係自治体は、緑化や省エネなどを進めて、

都市部の環境悪化に歯止めをかけるべきだ。


という記事でした。

涼しくなってきたとはいえ、

とりあえず・・・・・


・屋外では日陰を歩く。

・屋内にいるなら、風通しを良くする。

・水分は十分に補う。

・夜は良く休み、疲れをためない。


これらは常に心がけておいた方がよさそうですね。

「転ばぬ先のつえ」。


昨日、テッシュカップに取ってある

6月に採ったタマゴで孵化してないものを処分しました。


   プチ。


いずれも白色で見た目生きてそうなタマゴだったんだけど、

もう3ヶ月近く経ったからねぇ。

イロムシのタマゴは孵化しない場合、

黒く変色して見た目で分かることが多いんだけど

クロムシのタマゴは命が無くても

なかなか変色しないものも多い。

イロムシと違って赤くはなり易いんだけど。


今回処分したのは

シェンクリング4個、中国クルビ5個、

インドグラン2個、アクベシアヌスミヤマ2個、

ヘルマンミヤマ3個、ニジイロ3個・・・

こんな感じだったかなぁ。

まだまだ、ヤヴァそうなタマゴはあるんだけど

もうしばらく様子をみてみます。


今回、採卵から孵化まで最長1ヶ月20日近くかかったよ。

今までの最長記録は中国アンテだったかなぁ、

2ヶ月Justってことがあったわぁ。

だからいずれの場合も、26℃管理下の場合で

2ヶ月くらいは様子をみた方がいいと思います〜〜


じゃまたね。



医療のお話:コワーイコワイ糖尿病(前編) 2008年08月29日
現在深夜2時!

クッソゥ、、、

昨日の仕事はマジ疲れたぜぃ。。


アフガンに民間活動団体の一員として

農業支援に行かれてた伊藤さんが見つかりましたね、

銃弾30発も浴びて、非常に無惨なお姿で・・・

とっても残念だ。。。生きててほしかった。。

農業技術を伝えに行かれてた善意の志士なのに。。。

首都カブールの東方のジャララバ〜ドって

そんなに危険な地域だとは思わなかったな。。


タリバン曰く・・・

「この国にいる外国人はすべて殺害する」・・・と。

この国の江戸末期、

1825年の異国船打ち払い令が発令された時代の日本と

タリバンの思考って似通ってるような気がするなぁ。

タリバンの人にとっては、未だ外国人は「敵」ってことね。

「正義は我にあり!」

こう思い込んでるんでしょうねぇ、、

命を奪う行為に正義も何もないことに気付いてほしいもんだ。


今日は

ちょっとこの調査結果を読んでみてください。


<「水道水そのまま飲む」:4割未満>


内閣府は、「水に関する世論調査」の結果を発表した。

普段の飲み水について複数回答で尋ねたところ、

水道水を「そのまま飲んでいる」と答えた人は37.5%で、

4割に満たなかった。


一方で、「浄水器を設置」(32.0%)、

「一度沸騰させて」(27.7%)と工夫したり、

「ミネラルウォーターなどを購入」(29.6%)と

水道水以外を飲んでいる人が目立った。


水道水の質については、

「このままでよい」が72.4%と大半を占め、

「現状より水道料金の負担が増えても、質を高くすべきだ」は

21.3%だった。


また、地球温暖化による身近な水問題(複数回答)として、

「気候の不安定化による洪水や土砂災害の頻発」を

挙げた人が68.2%と最も多かった。


という記事なんだけど、

みなさんは水道水をそのまま飲まれてるんですかねぇ?

オイラのとこの水は臭くて飲めません〜〜〜

飲料水としての水はいらないかもしれない。

水道水は「このままでよい」の方が

4分の3、という結果にはビックリだな。

  オドロキ! モモノキ! ドッキドキッ!!

あびょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。。


今日は「糖尿病予防運動」について。

「糖尿病」・・・・・怖い病気です。。。。。


<食後1時間からが最適>


糖尿病の予防の運動は、いつ行うのが良いのか・・・

実は、より効果を高められるタイミングがある。

「食後1時間ぐらいから始めるのが最適」と、

お茶の水女子大学准教授は語る。


糖尿病患者、予備軍の血糖値は、

特に食後1〜2時間ぐらいで最高潮になる。

だから、血糖値の上昇が始まる時間帯に運動をぶつける、

という考え方だ。

食後に血糖値が高くなるのは、食べ物が胃で消化された後、

その中の糖質が小腸でブドウ糖に分解、吸収され、

血液中に入るからだ。

健康な人は、インスリンの働きで血糖値が正常に保たれるが、

食べ過ぎ、運動不足などの影響で

インスリンが効きにくい人は高くなってしまう。

高血糖状態は血管を傷つけ、動脈硬化などの危険性を高める。


ところが、運動で筋肉が刺激されると、

大体15〜20分で血糖を効率的に取り込む状態になるので、

高血糖のピークを抑えやすくなるというわけだ。


こうした運動を長期的に続けていれば、結果的に、

体が高血糖にさらされる時間の大幅削減が期待できる。

糖尿病予備軍の中には、

空腹時は正常なのに食後だけ血糖値が高くなる人も多い。

この状態が続くと、そのうち、

本格的な糖尿病に進行する恐れが高まるので、食後の運動の意味は大きい。


食後1〜2時間の血糖値が200を超える人が、

食事45分後から45分間の自転車通勤をした場合、

160前後まで下がったというデンマークの研究報告もある。


とはいえ、

「仕事の都合などで食後の運動は難しいという人は、

 そんなに神経質にならなくてもよい」。

「少なくとも1日おきに運動すれば、

 血糖を効率的に消費する体になっていくので、

 まずは習慣にすることが大事です」。


よいう記事でした。

コアイ、、コアイ、、、糖尿病。。。

オイラは現在、血糖は正常値なんだけど、運動不足だしねぇ。。。

こりゃ、食事後1時間したら、

ちょっとした運動をした方がよさそうだわ。。。

みなさんもやりましょうぜ、1時間後のミニ運動〜♪

明日につづく・・・


数日前のこと・・・

メンガタメリーの割り出ししました〜〜

セットしてから12日目の出来事です。

親♂はホワイトアイズを使ったんだけど。

結果、すべてボロナラ材から20卵回収〜〜

以前、セットして2日目に8卵回収したから

合計「28発!!」ぼーーーーん!!


  やっちゃった。。。多い。。。。。

   気をつけてたつもりなんだけど。。。


2週間でこれだから、みなさんもお気をつけを〜

それよりナニより・・・

今回はオドロクべきことをご報告です。

オイラはこうして虫のほとんどは

セット後、短期にタマゴの状態で回収してます。

初令幼生が出てくることはほとんどありません。

今回の驚愕事実というのはですね、孵化までの最短時間です。

いままで多くの種のタマゴを孵化させてきたんですけど、

このメンガタメルリ・・・

何と「12日」で3頭が孵化したのです〜〜


  ヒョッヘッーーーーーーーッ(゜。゜;ビビリ)!!


生まれてから12日で孵化してくるなんて・・・

なんというオモロイ種なんだ・・・

ということで孵化までの最短種のこと、ご報告しておきます。

ぴん、ぽん、ぱん、ぴぴんっ♪

多すぎるから販売に出しておきました、よろしくぽん!


じゃまたね〜♪



医療のお話:コワーイコワイ糖尿病(後編) 2008年08月30日
現在深夜1時!

今日は、さっきオイラの身に起こった恐怖体験です。

身の毛もよだつ真夏の夜の出来事・・・

オバケが怖い人は、読まない方がいいかもしんないな。。


さっき、オイラは車で帰宅しました。

駐車場に車を止め、エンジンを切り、シートベルトを外し

いざ車を降りようとしたそのとき・・・・・


  しゅっ! しゅっ! シュルルルーーーー!!


ヘビが車内を這うような音が聞こえたのです。

オイラはベベッテ、車から勢いよく飛び降りて

誰もいない車内に向かって大声で叫びました!!


  わ、、はわゎ、、、しゅるしゅる、、、

    ゴメン!! オレが悪かった、ごめんっ!!


咄嗟に「ゴメン!」と謝ったのはいいが

いったいダレに、ナゼ謝罪したのか未だよく分かりません。

結局「しゅるしゅる」の音の原因は「シートベルト」でした。

外したベルトが元に戻っていただけね。

ということで、オイラの謝罪の相手は無機物のベルトでした。

シートベルトの、ばかばかばかばかばか・・あんぽんたん〜〜

ここで一句・・・

  気をつけろ シートベルトの もどる音

ごー・しち・ご〜〜〜〜 あぁ、、松尾芭蕉さま〜


今日も「こわーい糖尿病」のお話です。

どうぞ〜〜〜


<間違った食事:効果相殺>


運動でエネルギーを消費したら、

いつもよりたくさん食べても大丈夫?


「気持ちはわかるけれど、そうはいきません」。

お茶の水女子大准教授はクギを刺す。

例えば、体重60キロの人が30分間のウォーキングで

消費するエネルギーは100キロカロリー程度。

100キロカロリーの食品といえば、

ご飯なら茶わん半分、食パンなら6枚切りの3分の2ほどだ。

運動だけでエネルギーを消費するのは実に難しい。


運動直後に1,2キロ体重が減っても、

それは汗が出て脱水状態になっただけ。

「やせた」と早合点し、その分食べて内臓脂肪が増えれば、

血糖値を下げるインスリンの働きを抑える別のホルモンが出る。

これでは、せっかくの運動効果が相殺されてしまう。


昨夏、糖尿病予備軍と指摘された茨城県の会社員は

週4日ほど、昼休みに20分と夜に1時間のウォーキングを始めた。

最初は「運動すれば、いいだろう」と、

脂っこい食事や間食も多いままで、

1か月後の検査では、ほとんど効果なし。

当時は身長170センチ、体重84キロの肥満体型で、

食後2時間の血糖値は176だった。

その後、運動を続けながら、間食をやめ、

ご飯を茶わん半分程度に抑え、毎日の体重を記録。

その結果、今春には、体重は67キロまで落ち、

食後2時間の血糖値は128まで下がり、予備軍を脱した。


「運動と食事は、糖尿病予防、改善の2本柱で、どちらも欠かせない」。


すでに薬で血糖値を下げている患者は、

空腹時などに運動すると逆に低血糖状態になる恐れがある。

「治療中の人が運動する際は、医師に相談してください」

と注意を促す。


という記事でしたぁ〜〜〜〜、、、

はぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、、、

メタボ脱出のためには、間食をやめ、

ごはんはお茶碗の「は・ん・ぶ・ん」ですって。。。

オイラは間食はしないんだけど、

ごはんを茶碗半分、は勘弁してほしいなぁ。。。

しかし、糖尿病予防のため、メタボ脱出のためには

このくらい、やんなきゃならないんでしょうか。。。。。

ひじょーーに、複雑な心境です。。。


医療のお話、今日で終わり〜

明日は日本語の学習「言葉の窓」です。


数日前の出来事・・・

ヘルマンミヤマの割り出しした。

外部から見えるタマゴは「0」、気温26℃前後。

マットのみの水分多め、中ケイス。

固詰めほぼなしの、ふっくら詰め。

すでに40卵以上産んだ♀のセットをひっくり返してみると

タマゴが出てくる出てくる、

一ヶ月で初令1頭を含め、28卵も回収しちゃったよ〜〜


 ギョッヘーーー!! ( _・_:コロン)


これで、このヘルマーニミヤマなんだが

1♀で合計70発以上を産んだ。。。

多産だとは聞いていたが、

これほどまでとは、お釈迦様でも気がつくめぇ。。

当然ビビッテ、もうセットはやめた。

幼生含め、この♀も販売に出しました。

細長いタマゴも出てきたし、まだ産むと思うんだけど。

ただ寿命はそれほど長くないと思います。

だれかにあげることにしよ。

どこまで産むのかやってみたい気もするが・・・


ミヤマで最高の勇姿を誇るヘルマンといえど、

オイラ1人で育てるにはちょっと荷が重過ぎるようだわ。。

このミヤマってマジカッチョイイぜよ〜〜


じゃまたね♪



月末恒例:言葉の窓 2008年08月31日
現在深夜1時半!

さぁ、夏季講習も今日を含め、あと3日で終了だ。

今年も健康な状態で、よく最後まで乗り切れたもんだ。

ふぅぅ〜〜〜。。


読売テレビで「24時間テレビ」が放送されてますね。

今回のテイマは「誓い」らしいなぁ。

マラソンしてるのは「エドはるみ」?って人のようね。

オイラはよく知らないんだけど、

いつも夜は仕事でテレビ見れないから。

この24時間テレビって子供の情操教育にはいいと思います。


お子さんいらっしゃる方ね、

走ってる人が

「一生懸命がんばってること、

 見ているのは簡単だけど、実際走ってる人は苦しい思いをして

 視聴者に何かを伝えようとしてること、行うは難し」

こんなことを教えてあげたらいいと思うんだけど。

少しかもしれないけど

他人を思いやる優しい子に近づくんじゃないかしら、と思う。


 おーぃ、ハルミ〜〜!

  オイラは声援送ってるよ〜〜!!

   人がどれほど大きな力を発揮できる生き物か・・

    それを見せてくれっ!!


これね、見てる人は

「走ってるなぁ」くらいにしか思えないかもしんないけど

実際走ってる人は、気が遠くなるほど苦しいんでしょうね。


今日は、月末恒例「言葉の窓」。

言葉のお勉強です。

最初にこの記事読んでみて。

オイラも随分間違って憶えてしまっていたようだわ。。。


日本語の慣用句や言葉の使い方について、

文化庁が世論調査した結果、70%以上の人が

「檄を飛ばす」や「憮然」の本来の意味を

取り違えていた事が分かった。

議論などで結果が出る「煮詰まる」についても、

40%近くが「議論が行き詰まり結果が出せない状態になること」と

逆の意味に思い込んでいた。


調査は今年3月、全国の16歳以上の男女3445人を対象に行われた。


「檄を飛ばす」は

「自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求める」

というのが本来の意味。

選択肢の中から正答を選んだのは19%にとどまり、

73%が「元気のない者に刺激を与えて活気づけること」と回答した。


「憮然」についても「腹を立てている様子」と

誤った答えを選んだ人が71%に上り、

「失望してぼんやりしている様子」と理解している人は

17%だけだった。


また「卑劣な方法で失敗させられる」という意味の慣用句は

「足をすくわれる」が正しい答えだが、

74%の人が「足下をすくわれる」と回答、

「足下を見る」という表現と混同していた。


「話などの要点」を意味する「さわり」も

正しく回答したのは25%で、

55%は「話などの最初の部分」と勘違いしていた。


特に「煮詰まる」は世代間で使い方に大きな開きがあり、

「結論の出る状態」とする回答は50歳以上は70%を超えたのに対し

16〜19歳は16%、

文化庁は

「言葉の意味が変化している過程なのかもしれない」と分析している。


言葉の窓でした。

ちなみにオイラは「檄文」と「さわり」以外は、

すべて逆の意味で捉えていた・・・・・反省だ。。。

奥が深いぜ、日本語は〜〜〜〜

ここから「言葉の窓」各論です。


<篤志家:人々の心に刻まれる>


社会事業や慈善活動を熱心に行ったり援助したりする人。

「篤」は心遣いが行き届いていること。

訓読みの「篤い」は「厚い」で代用するのが一般的だが、

大河ドラマの主人公「篤姫」など、

人名にもよく用いられるため「あつ」の読みは比較的なじみがある。

反面、音読みのトクを使った熟語は

「篤志」「篤実」「篤信」といった硬い文章語が多く、

日常会話には登場しない。

難読と言えるだろう。

以前、「重篤」が見出しになったとき、

「何と読む?」との問い合わせが相次いだことがあった。

この「篤」は「病気が深刻」の意。


<油断:注意するのを怠って>


王様が家来に油の入った鉢を持たせ、命じた。

「一滴でもこぼせばお前の命を絶つぞ」・・・

仏教の経典・涅槃経にある故事だ。

ここに出てくる「油」と「断」をくっつけて作ったのが「油断」という。


ただし、この説には疑問も多い。

「大言海」は、「油断」とあてるのは「捏造」で「言語道断」と批判、

古語の「ゆたに(ゆっくり・のんびりと)」が、

「おこたり」の意に変化したものとする。


「日本国語大辞典」には、高知県の方言として、

「まーごゆだんくださいませ」の例が載っている。

これは本来の「ゆっくり」の意味が残った使い方だ。


<そっぽを向く:無視する態度>


「そっぽ」は、外方(正面ではなく、よその方)から来ているともいう。

正面を向かず、相手の視線を避け、知らんぷりを決め込む態度だ。

そこから、協力・協調・服従を拒否、無視するたとえに使う。


頬を乱暴に言った「そっ頬」に由来するとの説もある。

相手に頬を向ければ、正面からは向き合えない。

「外方」でも「そっ頬」でも、

結果的には、同じような顔の向き方になるわけだ。 


ちなみに、「方」の歴史的仮名遣いはハウ(現代仮名遣いではホウ)、

「頬」はホホ(同ホオ)と異なる。

「方」と「頬」自体は、語源も全く違う言葉だ。


言葉の窓、終了〜〜〜


ニジイロ幼生数頭をカワラ菌糸ビン700mlに投入〜

ニジイロは2本で羽化させる。


モセリオウゴン2頭のビン交換。

結構大きくなってるわ、タラレギほどじゃないんだけど。


新たに、カワラビンを詰めておいた。

1000ml1本と700ml3本。

カワラ菌を使う種が多いと、

しょっちゅうビン詰めしなきゃならないから面倒だわ。。


インドグラン成体♀にナラ材を1本与えておいた。

すぐに齧り始めた。まだまだ産みそうだ。


じゃまたね♪


TOPに戻る